Foolkiller Movie Death Trip

最近見た映画の感想文を中心に、音楽や読書の話題も(全て凄まじく偏っている)。
のらりくらりと、且つアグレッシブに行こうぜ。Space Lord Mother Fucker!
<< くそっ、新鮮さが…「傴僂男ゴト/戦慄の蘇生実験 | main | アイラブNYその2「バスケット・ケース」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
アイラブNYその1「マニアック」
ユーロトラッシュ不法集会リターンズの最終日は「ニューヨーク派大復活祭」ということで、スプラッタなのかホラーなのか、なんなのか、な、とりあえず背景はNYですアイラブNYな映画3本見てきました。『芸術家』になりたいけど、なりきれないアーティストの暗い思い入れ炸裂ってカンジです。


とりあえず「ザ・シャウト」には間に合わなかったので「マニアック」から。デブでヒゲの暑苦しいおっさんが、ねーちゃんを襲っては頭の皮を剥ぎ、マネキン用のカツラにする映画。しかもおっさんはマザコンで、その抑圧されたアレが殺人衝動の源になってるという色んな意味で気色悪い映画。またそれをネチネチ演じててキモいんだ。特殊メイク&VFXはトム・サヴィーニ様が担当、赤い赤い。突如ゾンビ映画ちっくになるクライマックスはいかにもで良かったです。なによりトム・サヴィ−ニの殺されっぷり最強。さすがだ。この映画に関しては彼にしか期待していなかったので、そういう意味では大満足。大好き。
| 稲本作蔵 | マ行 | 19:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:11 | - | - |









http://foolkiller.jugem.cc/trackback/85
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜 (JUGEMレビュー »)
映画主題歌, エンニオ・モリコーネ, フランチェスコ・デ・マージ, ブルーノ・ニコライ
愛聴中。渋いセレクトで泣かせるぜ。
まぼろしの市街戦
まぼろしの市街戦 (JUGEMレビュー »)

大傑作。見てないヤツは今すぐ見れ。

このページの先頭へ