Foolkiller Movie Death Trip

最近見た映画の感想文を中心に、音楽や読書の話題も(全て凄まじく偏っている)。
のらりくらりと、且つアグレッシブに行こうぜ。Space Lord Mother Fucker!
<< せこくはないが悪い「西部悪人伝」 | main | ネタバレ有り、わりとどうでもいい「王の帰還」感想文 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ネタバレなし、少し真面目な「王の帰還」感想文
ピーター・ジャクソンは「ブレインデッド」だけでも、十分記憶されるにあたいする映画監督である。その功績はすでに偉大なものだったのに、指輪三部作が完結した今、偉大なんて言葉じゃすまされなくなってしまった。「旅の仲間」も「二つの塔」も凄かったし、大好きだけれど、「王の帰還」はもうレベルが違っていた、映画に似て映画を超え、娯楽に似て娯楽を超えた、あまりにも凄いものがスクリーンで展開されていたのである。それは正に偉業。何もかもが凄まじく、何もかもが想像を絶していた。細かいところや物語そのものについての記述はするだけムダなので極力省きたいし(パンフと被ってたけど映画秘宝の柳下氏の記事が的を得てて流石です)、阿呆くさいので感想にはなりませんが、それでも「あそこは凄かった!ここは度胆抜かれた!」とぎゃあぎゃあくっちゃベりたいので御容赦ください。というか、昨日の時点では使い物にならなくて、一夜あけてやっと色々言えるよーになったのですよ。まぁ、それほどメンタル面での影響が強くて、自分でもここまで思い入れの強い作品になっていたことに吃驚です。

それにしても「王の帰還」は面白かった。面白いなんてもんじゃなかった。原作は読んでても最後はどうなるのか、どうまとめるのか分からなくて、その点(筋書き)もだったし、なにより指輪物語の世界が目に見え質感を伴ってスクリーンに存在する、その面白さは筆舌に尽くし難い。ミナス・ティリスの造型や、モルド−ルの正門、景観、自然、クリ−チャ−はもちろんのこと、キャラクター一人一人が浮き上がって見えてくる喜び。そしてそれらが一体となるペレンノール野の大合戦は、映画の面白さだけでなく映画化の面白さがこれでもかと炸裂していたのである。規模もスキルもヘルム峡谷に勝る大スペクタクルで、これを劇場で見ずして何を見るのかという勢い。もちろんエフェクツもとてつもなく出来が良かったが、それは単なる武器であり、この映画の本質ではない(エントがワザとストップモーションぽいのとかは本質の部分ですが)。物語り進行も前2作より遥かに上手くなっていて、テンポが非常に良かった。だからと言ってダイジェスト的にならず、まとめかたの手腕には唸るばかり。サルマンとグリマの無理心中(違うっつの)も見たかったけれど、結果的にはなくて正解(オルサンクの塔では見せて欲しかったが)。指輪を捨ててからエンディングまでの時間の裂き方も、原作を読んだファン、読んでないファン両方の許すギリギリのラインで(少なくとも稲本には)非常に満足。説明不足で分かりにくい部分も結構あったけれど、そこはそれ。映画は辻褄の合った脚本や出来の良いエフェクツではないからだ。必要なのは、分かりやすく言うと「サムシング」である。それ以外に表現しようがないけどサムシングである。超大作を例に取れば、「マトリックス」の一作目にはそれが確かにあった。言わずもがな、SW旧三部作にもそれがある。「スターシップ・トゥルーパーズ」は原作のトチ狂った部分をトチ狂わせて表現するトチ狂った情熱に、確かにそれを感じた。「ラスト・サムライ」も異論はあれど、絶対サムシングはある。それは侠気だったり、とにもかくにも好き!という作り手の情熱だったりするけれど、それがない映画、例えば「パイレ−ツ・オブ・カリビアン」なんかはすかすかのカスみたいなもので、ただ消費されて名作としては生きていけないのである。

というワケでにわかファンながらに感動して来ました「王の帰還」。「旅の仲間」の時点ではほとんど見る気がなかったにも関わらず「ブレインデッド」を見て「この人は信じられる!」と見始めて本当に良かったです。雑誌やテレビをチェックしたりというハマり方ではないのですが、一映画好きとして、今の映画の流れの中で指輪にハマれたというのは非常に喜ばしく楽しいことです。……とかそんな御託は抜きにして、マジに面白かった完結編。ネタバレ、バカ感想はまた後程。
| 稲本作蔵 | ラ行 | 17:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:46 | - | - |









http://foolkiller.jugem.cc/trackback/45
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜 (JUGEMレビュー »)
映画主題歌, エンニオ・モリコーネ, フランチェスコ・デ・マージ, ブルーノ・ニコライ
愛聴中。渋いセレクトで泣かせるぜ。
まぼろしの市街戦
まぼろしの市街戦 (JUGEMレビュー »)

大傑作。見てないヤツは今すぐ見れ。

このページの先頭へ