Foolkiller Movie Death Trip

最近見た映画の感想文を中心に、音楽や読書の話題も(全て凄まじく偏っている)。
のらりくらりと、且つアグレッシブに行こうぜ。Space Lord Mother Fucker!
<< English man in LA「イギリスから来た男」 | main | これもまた鼻血もの「鷲は舞いおりた」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ダメだ、ツボ入り過ぎ…「メイ」
さてアートスフィアに行く前に渋谷のイメージフォーラムで「メイ」を見て参りました。こ…これは今年劇場で見た映画のなかでは一番かも(王の帰還は除く)。最近よく涙腺ゆるくなってるって言ってるけど、これもまた見てる間中ずっと半泣きでした。家で一人で見てたら号泣してたかも。危ねぇ危ねぇ。「アメリ」は見てないけど、アメリのホラー版と言ったら分かりやすいかも。勇気を出したところで分かってもらえりゃしねぇのよなぁ。もうぐさぐさ刺さりまくりだよコレ。あいたたたたた。主人公のメイに感情移入してしまった人はもうアウトだろうね、同族嫌悪で全然感情移入出来なくてイライラする人もいるだろうし、それ以前にああいうマイノリティの気持ちは全くわかんねぇジョックス野郎もいるかもしんねぇ。メイが好きになるのがジョックスじゃなくて、どっちかというとこっち寄りの男、っていうのが強烈。レズビアンもパンクスもマイノリティかもしれないが、そんな彼等にさえ理解されないメイ。半端じゃないのですよ。身につまされる部分もあり、またもぐさぐさと………ちょっとメンタル面でツボに入り過ぎて恥ずかしかったですよ。でも、メンタルな部分だけじゃなくて監督のラッキー・マッキーは新人のくせにめちゃくちゃ上手いんだ。演出も編集も音楽もすごく良く出来た映画で、楽しめるのはもちろん十分に楽しめると思います。血みどろですよ。ゴアシーンは直に映りはしていないけど、かなり上出来。ただ、イメージフォーラムみたいなトコは全体的に性に合わないので、それが『映画を見に劇場へ行く』という点でマイナス(笑)。予告がどれも面白くないのだよ。
| 稲本作蔵 | マ行 | 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:24 | - | - |









http://foolkiller.jugem.cc/trackback/27
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜 (JUGEMレビュー »)
映画主題歌, エンニオ・モリコーネ, フランチェスコ・デ・マージ, ブルーノ・ニコライ
愛聴中。渋いセレクトで泣かせるぜ。
まぼろしの市街戦
まぼろしの市街戦 (JUGEMレビュー »)

大傑作。見てないヤツは今すぐ見れ。

このページの先頭へ