Foolkiller Movie Death Trip

最近見た映画の感想文を中心に、音楽や読書の話題も(全て凄まじく偏っている)。
のらりくらりと、且つアグレッシブに行こうぜ。Space Lord Mother Fucker!
<< Monster Magnet:その2「God says no」 | main | たまには日本のバンドもどうですか。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
MLWTTKK「Sexplosion!」

「Sexplosion!」My life with the thrill kill kult

1991、WAX TRAX!からのリリース。

最近また「Hit & Run Holiday」をひっぱり出して来て、学校へ行く前、顔を洗ったり化粧したり歯ぁ磨いたりする時のBGMにしてます。Drama Overdoses!朝から聴くのが正しいとは思えませんが、機嫌良く通学出来ます。んで、「Sexplosion!」。今回なんでコレを持って来たかと言うと、ブックオフで250円で売られてて…………妥当な値段だと言われても納得してしまいそうなあたりがMLWTTKKの良い(良いか?)ところですが、あまりに可哀想なので身請け。ちなみにFront 242のベストっぽいのも同値段で身請けして来た…

何度もいってるんですがMLWTTKKの「I see good spirits,I see bad spirits」は今までに聴いたEBM系のアルバムの中でも一ニを争う名盤(本気で)。まず「Kooler Than Jesus」で気になって、↑を聴いたら他のEBMアーティストにはないダークさダーティさといかがわしさに惚れ。それから付き合いは始まったのですが、色んな意味で困ったのがまず「Hit & Run Holiday」……なんて言っていいかわかんないけど、かっこいいのかそうでないのか、どうかしたのか私には判別不可能でした。サブカル風味のパーティーチューン満載の気味悪いくらい明るくてポップでやっぱりダーティな。『明るい』という部分は『うさんくさい』と同意。まぁ結局は今でも聴いてるんで気に入ってるんですけど。そういったワケで私にとっては「Sexplosion!」は「I see」と「Hit & Run」の間をつなぐ丁度よいアルバムです。セックス、フェティッシュ、サタニック、モンド、ってコンセプトの自己主張具合なんかは最高で、ジャケのおねーさんは良く見りゃベティ・ペイジだったり。元ネタは多岐に渡り過ぎで私には回収しきれないのですが、とにかく楽しくてカッコ良い。非常にダンサブルでパーティチューンぎりぎりのところでEBMのハードさが微かに残ってるのも宜しい。古臭さがうさん臭さといかがわしさに変わってしまうのが凄いところ。「Sex on Wheelz」一押しです。
| 稲本作蔵 | 音楽 | 15:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:15 | - | - |









http://foolkiller.jugem.cc/trackback/244
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜 (JUGEMレビュー »)
映画主題歌, エンニオ・モリコーネ, フランチェスコ・デ・マージ, ブルーノ・ニコライ
愛聴中。渋いセレクトで泣かせるぜ。
まぼろしの市街戦
まぼろしの市街戦 (JUGEMレビュー »)

大傑作。見てないヤツは今すぐ見れ。

このページの先頭へ