Foolkiller Movie Death Trip

最近見た映画の感想文を中心に、音楽や読書の話題も(全て凄まじく偏っている)。
のらりくらりと、且つアグレッシブに行こうぜ。Space Lord Mother Fucker!
<< Monster Magnet:その1[spine of god] | main | MLWTTKK「Sexplosion!」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
Monster Magnet:その2「God says no」

Monster Magnet「God says no」(2000)

Monolithicかどっちか悩んだがこっちを紹介してみよう。困った事に、このアルバムでぼんやりからしっかりしたファンになってしまったのもあるし、「Heads Explode」のPVが好き過ぎてたまらないから(理由になってない)。だってデイヴたんが口に縄かまされてんだよー。萌え萌えだよー(バカ)。PVは2バージョンあって、もう片方の黒いファーコートのやつはもう見れないんだよね…どっかに保存されてないかなぁ。

結局私はありがちに「Powertrip」から聴き始めた人で、やっぱりこの辺も大好きなので、たまに肩身の狭い思いはするんだよな(笑)。単なるバブリ−なハードロックと言ってしまえばそれまでですが、他では真似出来ない凝りようは面白い。それはまぁプロツールの使い方だったりオルガン成分増加だったりするんですが(メロトロンとかはあんまりないのな)。かなり意識して泥臭いことやってる曲、例えば「Kiss of the scorpion」やデルタブルース調の「Gravity Well」みたいな曲が増えてる中に、どーんと「Cry」みたいなスロー目のヘヴィな曲を投入しちゃうあたりが稲本にとっては堪らないのであり、コアなストーナーファンにはたぶん可愛くないのであり。全然もうストーナーじゃないよ!という意見ももっともなんだけど、あえてそう呼びたくなるずるずるでダークな曲は出来がいいからなぁ。それは「Monolithic Baby!」での「Ultimate Everything」も同じ。とにかく稲本はMonster Magnetのテンポの早くない曲はどれも好きなんであれですが。全体的にはどっちかいうと面白く聴けると思うので入門としてはオススメです。でもこれで『イマイチ』って思われたらとりかえしつかないなぁ。たぶん今の私が初めてこれを聴いたら『イマイチ』って評価を下すんだと思う(笑)。

ただ、なんというかマジでハマってから思い始めたことだけど、やっぱりバンド自体のテンションが下がってる感は否めないんだよね……「Monolithic Baby!」の出来は個人的にはあまり、だったこともありますけど(on the verge一曲の破壊力がデカ過ぎた)、なんだろ、現時点でどういう方向性になってるとかそういうことじゃなくて全盛期は過ぎた微妙な時期に差し掛かってると思う。デイヴたんがソロアルバムとか言い始めた点でかなり怪しいな(笑)。解散とかは絶対ないと思うけど…。ソロは実現するならかなり不安。すごい変化球を投げられたらどうしよう。ゲストとかも呼ぶんだろうか。SolarizedとかSolace、Halfway to goneなんかはゲスト……しないだろうな。それじゃScene KillerかGallery of mitesだよ。来るとしたらもっとビッグネームだなー、なんかその辺も寂しいな。ん、でもGallery of Mitesもジョン・ガルシアが参加してたし、これはこれでビッグネームだよなー。 DVDについては絶対出して欲しいっす。ライブ行けないならせめてライブ映像だけでも……


最近はライブ音源での「Temple of your dreams」がお気に入り。CDで聴くのとはかなり印象が違っていかがわしさ5割増し。ブートを見てると延々一緒に歌い続ける自分がうざい今日この頃です。
| 稲本作蔵 | - | 01:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:03 | - | - |









http://foolkiller.jugem.cc/trackback/243
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜 (JUGEMレビュー »)
映画主題歌, エンニオ・モリコーネ, フランチェスコ・デ・マージ, ブルーノ・ニコライ
愛聴中。渋いセレクトで泣かせるぜ。
まぼろしの市街戦
まぼろしの市街戦 (JUGEMレビュー »)

大傑作。見てないヤツは今すぐ見れ。

このページの先頭へ