Foolkiller Movie Death Trip

最近見た映画の感想文を中心に、音楽や読書の話題も(全て凄まじく偏っている)。
のらりくらりと、且つアグレッシブに行こうぜ。Space Lord Mother Fucker!
<< Don't be suprised there's a bug in your eye | main | Monster Magnet:その2「God says no」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
Monster Magnet:その1[spine of god]

最近、映画を見ていない。よってこのブログにあげる話題があまりない。飽きたとかそういうことではなく、最寄りのツタヤにおいてあるもので、見たいものはほぼ見たからということ。見たいものはたくさんあるのになぁ。流石に半額フェア中でないと新宿/渋谷までビデオ借りに行ってらんない。今週末に「キャビンフィーバー」「PTU」、来週に「インファナル・アフェア3」を見に行くので、ちょっとお待ちを。

なのでお茶を濁す意味でしばらく100の質問とか、アルバム紹介とかアーティスト紹介とかしていくつもり。ブログタイトルはあれですが、まぁそこら辺よろしく。

で、まぁあれだ、箍は外れっぱなしで、もう一つのブログでは毎日とてつもなく長いMonster Magnet話を毎日のようにしてるんだが、どこを切ってもくだらないのでこっちには持って来てないんですよ。でもやっぱりMonster Magnetの話しか出ないので今日は92年の「Spine of God」を改めて御紹介。なんだかMonster Magnetといっても最近はもうブートビデオ3本とこのアルバムだけで生きているのですが、いやぁこれが何度聴いても飽きないんだよね。とくにタイトル曲は一生ものの名曲指定。でろでろどろどろした世界は所謂ドゥ−ム的なヘヴィネスとは違うわけですが、地に足の付いた粘っこい低音とスペーシーなエフェクト、この辺りのバランス感覚はこの頃のMonster Magnetに勝るものはないと思う(サバス以降のHAWKWIND系のサイケとしては)。異常なくらいハマり直してるのもあるけど、とにかく聴いてて気持ちが良いね。どうにかなっちゃいそうだ。曲の出来どうこう以前に雰囲気が尋常じゃなくて、ところによっては何か降りて来てんじゃないかと思う。捨て曲もないんでどうぞ。

95年のブートで「Nod Scene」もやっててこれがまた凄いカッコ良いんだけど、『乳首』で鼻血吹いた(説明は省かせて)。デイヴたんエロー!って、やっぱりそういう方向に話が行っちゃうんだよね…このバンドだと………
| 稲本作蔵 | 音楽 | 17:48 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:48 | - | - |
こんにちは。
キャビンフィーバーはもうご覧になりましたか?
ホラーと思って観に行きましたが。。笑えました。
| えんじにゃあ・でじゃいな | 2005/05/01 4:04 PM |

はじめまして。
いえ、都合つかなくてまだなんです…
初期のカンフーゾンビ少女?の予告を見ているので、
真面目な映画とは思ってないですよー(笑

あの、見たらたぶんきちんと感想書くと思うので、
そしたらこっちのトラックバック削除してもいいでしょうか?
| 管理人 | 2005/05/01 7:36 PM |

TB削除の件OKです。感想楽しみにしてますね。
| えんじにゃあ・でじゃいな | 2005/05/02 12:31 AM |










http://foolkiller.jugem.cc/trackback/242
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜 (JUGEMレビュー »)
映画主題歌, エンニオ・モリコーネ, フランチェスコ・デ・マージ, ブルーノ・ニコライ
愛聴中。渋いセレクトで泣かせるぜ。
まぼろしの市街戦
まぼろしの市街戦 (JUGEMレビュー »)

大傑作。見てないヤツは今すぐ見れ。

このページの先頭へ