Foolkiller Movie Death Trip

最近見た映画の感想文を中心に、音楽や読書の話題も(全て凄まじく偏っている)。
のらりくらりと、且つアグレッシブに行こうぜ。Space Lord Mother Fucker!
<< 「ローマ麻薬ルート大追跡」 | main | 「女王ファナ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「ショーン・オブ・ザ・デッド」
「ショーン・オブ・ザ・デッド」(2004/イギリス)

いやはや、英国公開時の稲本のこの映画に対する盛り上がりは凄くて、毎日サイトをチェックしてはノリノリで予告を見ていたものですが、まさかビデオスルー&最寄りのレンタル屋に入荷されないという苦難が待ち受けているとは思ってもみなかったワケで………

で、やっとこ見ましたよ(DVD買ってはいませんが)!!結論から言うと、とっても良かったです。愛と勇気と友情のゾンビ映画。ロメロゾンビをベースに、しがない電器屋店員のショーンが愛しの彼女をかけて大奮闘。彼女にふられたことで頭がいっぱいで、ゾンビが街に溢れていることに当初は全く気付かない彼が面白すぎる。彼女との関係でネックになっているのがショーンの親友エド。ショーンのところに居候中で、朝からテレビゲーム、たまにハッパを売って日銭を稼ぐ、まぁ絵に描いたようなぼんくらなんですが、彼との友情も最後に感動を呼んだりしちゃうので侮れません。ああ、詳しい筋自体はいつものアレなので省きますわ。

普通に笑えるシーンも多くて、前半は2人のぼんくらっぷりとイギリスの生活を見てれば、ゾンビが出てくるまで長くても持ちこたえられます。ゾンビは苦手でもイギリス映画は好きという人にはオススメできましょう。もちろん、後半はばんばんゾンビ出ます!ちゃんとゆっくり動きます!(重要)全体的なノリはコメディですが、後半になると結構シリアスな展開(お約束、とも言う)。ただ、それがパロディの枠を越えて映画として上手く行ってるのはお見事。照れ隠しではなく、コメディ系ゾンビ映画を作るというのはかなり今では難しいと思いますので、これはホントに凄いと。こんなノリなので、肝心の残酷描写はあまり量的には多くないのですが、なにげに内臓食いはかなりしっかりやってはりますので、普通にゾンビ好きな方にも十分過ぎるくらいきちんとアピール。最後のオチはなかなかイギリスらしいブラックさで良いです〜。ビル・ナイなんかすっげぇ良いし!そうか、次はイギリスか!!(「アンデッド」の時はやっぱり時代は南半球だ、とか言ってたじゃん)。イギリスのゾンビ映画って……「吸血ゾンビ」?「悪魔の墓場」……はイタリアか。うん、なかなかゾンビ映画の土壌がないだけに、新しいアプローチが見れるのでしょうか。まぁ、あんまりこの後に続きそうにもないけど。続編はコミックとか言ってるし。

強力な武器を持たないショーンたちのゾンビ−コンバットは、なかなかバカで笑えますが、逆にそれが妙にリアルでちょっと怖かったりもします。


さー次は「キャビン・フィーバー」だ!
| 稲本作蔵 | サ行 | 19:04 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:04 | - | - |
こんにちは。
そうそう、ゆっくり動くのが重要(笑)
他の様々なゾンビ作品を知っていると
更に楽しめるタイプの作品でしたよね
私はパッケージの満員電車(?)のシーンが観たかった^^
| だにい | 2005/04/11 1:47 PM |










http://foolkiller.jugem.cc/trackback/237
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜 (JUGEMレビュー »)
映画主題歌, エンニオ・モリコーネ, フランチェスコ・デ・マージ, ブルーノ・ニコライ
愛聴中。渋いセレクトで泣かせるぜ。
まぼろしの市街戦
まぼろしの市街戦 (JUGEMレビュー »)

大傑作。見てないヤツは今すぐ見れ。

このページの先頭へ