Foolkiller Movie Death Trip

最近見た映画の感想文を中心に、音楽や読書の話題も(全て凄まじく偏っている)。
のらりくらりと、且つアグレッシブに行こうぜ。Space Lord Mother Fucker!
<< 申し訳ない。 | main | 細々としたこと+サントラ購入。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「風来坊/ザ・アウトロー」
「風来坊2/ザ・アウトロー」

前作、「風来坊/花と夕日とライフルと…」の方の感想をアップしてませんね。実は感想をアップしてない映画は山のようにあります。前作は、鑑賞前は『コメディタッチとはいかがなもんか』と思ってたんですか、観賞後はすんげぇ気に入ってしまって『こんなのもありか』と唸った一本。むさくるしいけどテレンス・ヒルが好みだし。彼はマカロニウエスタンの俳優の中でアイドル扱いをしても良いと自分に許している唯一の俳優です(笑)。

続編も同じノリなんですが、これがまたやっぱり楽しい。テレンス・ヒルとバッド・スペンサー演じるトリニティ&バンビーノの兄弟(ちなみにどちらもボケ、ツッコミ不在)のでこぼことしたコンビが、とっても可愛く楽しく微笑ましく爽快でカッコ良いのです。今回もトリニティが女の子に一目惚れ、カッコつけて『連邦捜査官なんです』って言ってしまってさぁ大変(と、いいつつ本人達はそう大変そうでもない)。成りゆき上修道士達を助けるために大奮闘。凄腕の早撃ちガンマンであるにも関わらず、飛び道具は一切使わず今回はラグビーで(うわー)。しょうもねぇなぁ、と思いつつこのしょうもなさがシリーズの要なわけで。今回はなんといっても兄弟のパパとママがおもろい。あと、ヒロインが毎度可愛いってのも良いですね。

で、これにブチ切れのレオーネ先生がテレンス・ヒルを攫って「ミスター・ノーボディ」を製作、と(笑)。色々とそのあたりの話や見解を読むとなる程気持ちは分かるが大人げないですってば!しかしキャラは被ってても、さすがレオーネ先生(監督はやってないけど)というわけで次は「ミスター・ノーボディ」です。
| 稲本作蔵 | ハ行 | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:37 | - | - |









http://foolkiller.jugem.cc/trackback/185
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜 (JUGEMレビュー »)
映画主題歌, エンニオ・モリコーネ, フランチェスコ・デ・マージ, ブルーノ・ニコライ
愛聴中。渋いセレクトで泣かせるぜ。
まぼろしの市街戦
まぼろしの市街戦 (JUGEMレビュー »)

大傑作。見てないヤツは今すぐ見れ。

このページの先頭へ