Foolkiller Movie Death Trip

最近見た映画の感想文を中心に、音楽や読書の話題も(全て凄まじく偏っている)。
のらりくらりと、且つアグレッシブに行こうぜ。Space Lord Mother Fucker!
<< ややこしい日本語タイトル。 | main | だめな大人の見本 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「a single book of songs」Mammoth Volume
アマゾンからCDが届く。

「a single book of songs」Mammoth Volume
「up off the floor」God lives underwater

届いたはいいが、コンポの調子が最悪で読み込んでくれないのでしょうがなくパソとコンポを繋いで聴いています。こんなことでいいのか、仮にも音楽好きとして。

God lives underwaterの新譜についてはやっと、という感じで、中身はずっとMP3で聴いてたからあれなんですが……まぁ、高校の時から未だに聴き続けてるわけで酷いことは言いたくないけど、やっぱり人には奨めませんね。たるいデジロックです(take whatever you've gotだけは名曲!)。それでも好きです。

んで、Mammoth Volume。結構メジャーなので名前だけは知っててずっとスルーだったものの、ネットラジオで「Brave manic mover」を聴いて衝動的に注文。これだけ聴くとちょっとFive Horse Johnsonぽい(よく聴くと全くそんなことないけど)。けどアルバムを聴くと全く別種のすでにストーなーでもない音だった!ここんとこベタベタのものばかり聴いてきたけど、これは違う。もちろんというかなんというかスウェーデンのバンドなんだけど、70'sハード(ZEP寄)を基本にプログレとかジャズとか吸収しまくったような音。とりあえずドゥーム/ストーナーの範疇とは言え珍しくKYUSS系じゃなく『ありそでなかった』古いロックと新しいロックの融合バンド(古いも新しいもねぇか)。節操ない感触もなきにしもあらずですが、カッコ良いので構いません。メロがチャッチーで非常に聴きやすく、割と枯れたボーカルだけどシブくはなく、オルガンをフューチャーした曲は問答無用のカッコ良さ。集めます。

ああ、コンポをマジでどうにかしなきゃなー……気が重いー……
| 稲本作蔵 | 音楽 | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:30 | - | - |









http://foolkiller.jugem.cc/trackback/170
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜 (JUGEMレビュー »)
映画主題歌, エンニオ・モリコーネ, フランチェスコ・デ・マージ, ブルーノ・ニコライ
愛聴中。渋いセレクトで泣かせるぜ。
まぼろしの市街戦
まぼろしの市街戦 (JUGEMレビュー »)

大傑作。見てないヤツは今すぐ見れ。

このページの先頭へ