Foolkiller Movie Death Trip

最近見た映画の感想文を中心に、音楽や読書の話題も(全て凄まじく偏っている)。
のらりくらりと、且つアグレッシブに行こうぜ。Space Lord Mother Fucker!
<< いい買い物。 | main | 戦争映画を考える&「地獄の戦場・コマンドス」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
J.G.バラード「狂風世界」
バラードの「狂風世界」読了。

えーと・・・微妙っちゃー微妙だよな。長編デビュー作ということで、未だBallard Landは確立されておらず。日々風速が5マイルずつ増える異常気象に見舞われた地球で、人間文明は崩壊するのかしないのか、というお話。ディザスターものとしては面白いです。話はインナースペースに向かわず急速に収束してしまって最後は「ええっ!?」というカンジなのですが、文章の端々や、登場人物の行動にこれは、と思う部分も見え隠れ。なにが違うかというとカリスマのある英雄的人物の出てくるところですかね。「沈んだ世界」のストラングマン(大好き)とか、「クラッシュ」のヴォ-ンとは違う意味でね。執拗に都市が破壊されていく様の描写とかは結構に恐ろしく、いやなかんじなのでした。


今は「夢幻会社」の合間に短編を読み中。「時間都市」の「狂気のひとたち」には愕然。ごくごくシンプルな話ながら、そこから重層的な意味が立ち上るさまはすばらしいのヒトコトにつきます。
| 稲本作蔵 | 読書 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:00 | - | - |









http://foolkiller.jugem.cc/trackback/160
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜 (JUGEMレビュー »)
映画主題歌, エンニオ・モリコーネ, フランチェスコ・デ・マージ, ブルーノ・ニコライ
愛聴中。渋いセレクトで泣かせるぜ。
まぼろしの市街戦
まぼろしの市街戦 (JUGEMレビュー »)

大傑作。見てないヤツは今すぐ見れ。

このページの先頭へ