Foolkiller Movie Death Trip

最近見た映画の感想文を中心に、音楽や読書の話題も(全て凄まじく偏っている)。
のらりくらりと、且つアグレッシブに行こうぜ。Space Lord Mother Fucker!
<< 日常雑記と敬老の日の話。 | main | 久しぶりに >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
さすがに熱い「死神の骨をしゃぶれ」
「死神の骨をしゃぶれ」(超犯罪ハイクライム)

ジャンゴの中の人ことフランコ・ネロ主演のマカロニ〜な、刑事もの。追跡ボックスがレンタルで入ってたのでやっと見れました。有り難すぎる。

マルセイユージェノヴァ間の麻薬ルートを追って捜査を開始する主人公(ジャンゴの人)でしたが、やっと見つけた証人はさくさくと組織に消され、更には愛人や娘にまで危険が及びます。それでも不屈の精神と執念で黒幕を追い詰めて行くジャンゴの人なのでした。というお話ですが、何がイイってさっぱり女子供に容赦ないバイオレントさでしょうか、さすがマカロニ。また主人公のキャラも無鉄砲だけれど熱いんですよ。あと良く走る。どんどん容赦ない展開になってって、最後はとりあえず警察の勝利に終わるものの、なんともやるせないエンディング。もっと大きな悪が背後にいるのだよ…、という。「Get Carter」なんかに通じる雰囲気がありますね。まぁこっちはかなり熱めですけど。回想シーンがちょっと変で、物語がちょっと失速してしまう部分もなきにしもあらずなので、それが減点かなぁ。まぁ、その手のものが好きな人ならかなり楽しめますね。監督のエンツォ・G・カステラッリはフランコ・ネロとの仕事が多い人で、確か「ケオマ・ザ・リベンジャー」とか「復讐の銃弾」なんかもそうじゃないでしょうか。

それにしてもフランコ・ネロはやっぱりカッコイイですよね。実は稲本的オトコマエ俳優オールタイムベスト5に入るんですよ。
| 稲本作蔵 | サ行 | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:28 | - | - |









http://foolkiller.jugem.cc/trackback/156
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜 (JUGEMレビュー »)
映画主題歌, エンニオ・モリコーネ, フランチェスコ・デ・マージ, ブルーノ・ニコライ
愛聴中。渋いセレクトで泣かせるぜ。
まぼろしの市街戦
まぼろしの市街戦 (JUGEMレビュー »)

大傑作。見てないヤツは今すぐ見れ。

このページの先頭へ