Foolkiller Movie Death Trip

最近見た映画の感想文を中心に、音楽や読書の話題も(全て凄まじく偏っている)。
のらりくらりと、且つアグレッシブに行こうぜ。Space Lord Mother Fucker!
<< ほんまにやれん。 | main | 有意義な余暇の過ごし方「スーパー・カンヌ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
暑い日にも暑い映画「燃える戦場」
いやー、暑いですねー。昨日今日とバイト休みなんで久しぶりにビデオ借りて来ました。4ヶ月ぶりに実家の方の最寄りのビデオ屋に行ったのですが、配置が変わってました。よく見たら60年代アメリカ映画のコーナーに「コレクター」と「アルフィー」が並んでおりました・・・あれ?アルフィー?

てなカンジで本日は「燃える戦場」を鑑賞。マイケル・ケインの出てる戦争ものって大体は面白いっすよね。というかこの頃の戦争映画が面白いんだな、『反戦』とかそういうテーマが殆どなくて。で、まぁ作戦そのものの面白さ(バルジ大作戦)とか、戦闘機そのもののカッコ良さ(空軍大戦略)とか、戦場で展開される漢の世界だとかが好きで見てるわけですが、「燃える戦場」は割とドロドロの心理劇でした。舞台は太平洋戦争さなかの南の島(フィリピン?)イギリス軍の小隊と日本語の喋れるアメリカ兵一人が、無茶な任務でジャングルを進む。とにかく暑そう・・・ケインたまも確か撮影は物凄く大変だったって言ってたな、これ。道中いざこざが耐えない上に、日本軍の基地でチョンボ。ジャングル内で日本軍将校の心理攻撃にあい、皆もうボロボロ。で、その日本軍将校を演じるのが高倉健なんですが、ヘロってるイギリス軍とは対象的に頭脳戦を仕掛けるクールな健さんはカッコ良かったですよ。英語ペラペラだし(日本語の台詞が殆どない!)。何かと対立するイギリス軍内でしたが、最後ケインたまとクリフ・ロバートスンが無茶な提案の決死の作戦にお互いニヤリと
するあたりは、戦争映画の醍醐味ですなぁ。

さて、今回のケインたまは衛生兵・・・最初はすんごい脇役くさくて、なんか変だったのですが、気付けば準主役に。気が短いのかと思えば、血圧低そうだったり・・・微妙にキャラが掴めなかったです。んまぁ、この映画の場合キャラ立ちはそんな重要でないけど。

もうすぐ「大戦略」DVD発売だし、あとは「最後の谷」だな。やっぱり面白いっすね、どれ見ても。好みの映画って予想外にたくさんです。「大戦略」は購入リストに入っておりますよ、もちろん。マイケル・ケインの出演作って「サイダー・ハウス・ルール」くらいしか思い付かなかったわけで、そりゃハマらないだろう俳優のリスト上位に入るよなぁ、という話で・・・ありがとうスタンプ、っつーカンジです(なんだそりゃ)
| 稲本作蔵 | マ行 | 19:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:46 | - | - |









http://foolkiller.jugem.cc/trackback/133
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜 (JUGEMレビュー »)
映画主題歌, エンニオ・モリコーネ, フランチェスコ・デ・マージ, ブルーノ・ニコライ
愛聴中。渋いセレクトで泣かせるぜ。
まぼろしの市街戦
まぼろしの市街戦 (JUGEMレビュー »)

大傑作。見てないヤツは今すぐ見れ。

このページの先頭へ