Foolkiller Movie Death Trip

最近見た映画の感想文を中心に、音楽や読書の話題も(全て凄まじく偏っている)。
のらりくらりと、且つアグレッシブに行こうぜ。Space Lord Mother Fucker!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「まぼろしの市街戦」
「まぼろしの市街戦」(1967/フランス・イギリス)

春休みに見た映画のなかで、非常に稲本の心を動かしたものをピックアップして感想を書いて行きたいと思います。まずは、なんといっても「まぼろしの市街戦」。これと「ショック集団」にはマジでがつんとやられてしまいました。両方ともキチガイばっかり出てくるというのが共通点ですね、そういえば……

第一次大戦下のフランスの小さな街。ドイツ軍が街に時限爆弾を仕掛けた。それを解除する任務を負って一人街へと向かう主人公(アラン・ベイツ)だったが、住人は全て避難した後でもぬけの殻。残っているのは忘れられていた精神病院の患者達だけだった……

主人公が病院の門を開けてしまい、街中にはキチガイが溢れます。思い思いに着飾り、あっという間にキチガイコミュニティを形成してしまった彼等。とっさに彼等に同調して『ハートの王である』と宣言してしまっために、祭り上げられてしまう主人公。もう本当に、ここからが美しくてなんとも言えず引き込まれます。カラフルなんだけど優雅で品があって……ファンタジーっつーかもうフェアリーテイルの域。月夜の晩にたまたま妖精が輪になって踊っているのに参加してしまった男が、一夜の夢から覚めてもそれを忘れられずにまたストーンヘンジに行ってみるという……

街の人とハートのキングをめぐる細かいエピソードが色々と挟み込まれるのですが、なんといっても頭の弱い美少女とハートのキングのロマンスは絶品。とにかくジュヌヴィエーヴ・ビジョルドが可憐で可愛いんですよ!電線を綱渡りして会いに来るなんて素敵じゃないですか。戴冠式や、『バカが戦車でやってくる』をやっちゃったトコなんかもいいなぁ。

かなり諷刺と皮肉の効いた反戦映画と見てさしつかえないのですが、それ以上に事態の現実感の無さがそれを曖昧なものにしています。なんだろう、「不思議の国のアリス」のハートの女王の軍隊を引き合いに出して『戦争なんて…』と語るのと同じかな。結局、稲本がこれをファンタジーにカテゴライズしたのは、軍隊側も全く遜色なくアホで基地外だからです。ここまでばしっと間抜けキャラにされてしまうと……あと、ノリで基地外基地外言ってますが、正直なところこの映画に対して「戦争する方と精神薄弱者、どちらが狂っているのか」なんて紋切り型な感想は、あまりにも味気ないでしょうね。実際、そういうような台詞もあったのですが、そういうお決まりの台詞では片付けられません。面白いのが、爆弾を処理出来ないと悟った主人公が、みなを引き連れて街から脱出しようとするシーン。皆は頑として街から出ようとしないんです、まるで自分達がここから出てしまったら魔法が解けてしまうとでも言うように。なのに最後、彼等は自分達から魔法を解いて『飽きた』と言って病院に戻っちゃうんですよね…この当たりの切り返し方がもう絶妙。

とにかく良い映画です。いつまでも心に残る。DVD買おうっと。
| 稲本作蔵 | マ行 | 01:33 | comments(0) | trackbacks(1) |
「ミスター・ノーボディ2」
「ミスター・ノーボディ2」(1975)

見ている間は楽しいが、やはり物足りない……というかちゃんとジョ−・サンクスって名前ついてるのにノーボディかよ!と突っ込みを入れつつ。そんなワケで「ミスター・ノーボディ」の続編ではありません。いや、ちゃんと分かって見たよ。大丈夫です。

主人公ジョ−・サンクスとビル、ヒロインのルーシーの凸凹トリオと騎兵隊が30万ドルを追ってモニュメントバレーを右往左往。コメディ系マカロニウエスタン。原題が「UN GENIO,DUE COMPARI,UN POLLO」で、訳すと「天才、2人組、マヌケ」。そこはかとなく「続・夕陽のガンマン」を狙って失敗した匂いがしましたが、問題はそこよりもクラウスでした!!いっそ豪勢な程クラウス・キンスキーの無駄遣いっていうかなんだあの役は!!町に流れ着いたジョ−が挨拶かわりに町の早撃ちガンマンをからかうんですが、そのからかわれるガンマンがクラウス。ああ、きっとジョ−を恨んでことあるごとに出て来ては邪魔したりするんだろうなぁ、と思いながら見ていたら、なんとその後一切出て来ませんでした!!後半になると出ていたことも忘れてたよ!もったいない!!彼はやっぱり絶対的な悪役をやってて欲しいですね。やるならば。中身としては本当に娯楽に徹していて、どうだろう、テレンス・ヒルを見ているだけで嬉しい自分としてはかなり笑えるシーンもあったんだけど、それでもちょっと、無駄が多いかな。オルゴールも一体なんだったのか…まさか『鳴り終わったら…抜きな』をやるわけにもいかんだろうし、まずガンファイトのシーンなんか無いに等しかった。

それでも見た(購入した)のを公開させないのは、やっぱりモリコーネのスコアだったりします。クライマックス、馬車で逃げるビルをジョ−が追い掛けるシーンでかかる曲はもうカッコ良過ぎて泣けてくる!「ミスター・ノーボディ」のワルキューレの曲もカッコ良かったですが、今回はエリーゼのために(!!)。さすがだ、やっぱり凄いよ。そのシーンだけのために購入しても惜しくないので、好きな人は買いましょう。

製作はレオーネがやってるんだけど、彼が演出したシーンもあるようです。きっとオープニングだと思うんだけど……あそこだけ雰囲気が明らかにそれっぽい。レオーネの作品の中でも「ミスター・ノーボディ」は本当に別格なので(監督はしていないけど)、これを続編て思ってみなくて良かった。名無し→ジョ−だと思うとなんだかボーレガードが可哀想になるしね(笑)。


なんというかやっぱりテレンス・ヒルが好きですね。マカロニ系の俳優では唯一萌えてもOKというか、可愛いです。割とそのまま年とってるしなぁ。スタンプと同い年だけど、よっぽど若く見える。「ラッキー・ルーク」はどうだろう、馬が可愛いっぽいのですごく気になる。


BGM:「殺しが静かにやってくる」メインテーマ
続きを読む >>
| 稲本作蔵 | マ行 | 22:00 | - | - |
「ミスター・ノーボディ」
「ミスター・ノーボディ」(1973)

実質、セルジオ・レオーネが最後に関わった西部劇。メガホンをとったのはレオーネではなくトニーノ・ヴァレリイですが、全編にわたってレオーネらしさが滲み出てて、トリニティとノーボディを同列に考えててかるーい気持ちで見た私は不覚にも大感動するハメに。やっぱりレオーネは、本当に胸をはって心から『最高だ!』と言える映画監督ですよ。

レオーネの映画の主人公には名前がないことが多いですよね。名無しだとかハモニカだとか。匿名性にこだわる彼が、風来坊シリーズでの『トリニティ』なんて名前にピキっと来ちゃったという話もあるようですが、とにかく「続・夕陽のガンマン」が「風来坊2」に興行成績で抜かれて、目くじらたててテレンス・ヒルをキャラはそのままに作ってしまったのが「ミスター・ノーボディ」。凄腕の早撃ちガンマンだけれど、むさくるしくてとぼけてて、物事真面目に考えてない風なノーボディは確かにトリニティそのまんま。けれどそこから立ち上るものには確かに『神話』の匂いが感じられるのです。

引退し、欧州で老後を過ごしたいと考えるガンマン、ボーレガード(ヘンリ−・フォンダ)。西部にその名を轟かせた凄腕の彼に憧れ、その彼を倒して名をあげようとする若い風来坊ノーボディ(つまり素性も名前も一切不明)。『たったひ一人で150人のワイルドバンチと戦うあんたが見たいんだ』と言うノーボディは、ボーレガートの有終の美を飾る最後をお膳立てし、歴史に名を残すようにと導いて行く。そして、その戦いの後、自分の憧れていた伝説のエンディングを作り上げ −−つまり大観衆の前でボーレガードと決闘して彼を倒す−ーノーボディ自らが伝説へなる、というそんな話。

結局、最後の決闘でボーレガードが倒れたのは芝居で、当初の予定通りヨーロッパ行きの船に乗ったボーレガードがノーボディに宛てた手紙を読むモノローグでエンディングを迎えます。そして当のノーボディもボーレガードと同じように追われる身となるのですが、決闘からエンディングへの緩やかなこの展開はもうさすがの一言、上手いの一言。

タイトルから分かるように、誰でも無い、無名の男の物語。西部劇という伝説の虚構性をついた、皮肉だけれども優しいお話。「ウエスタン」の後に返り咲くため作ったこの作品は、Doller三部作のように語られることは少ないかもしれませんが、私はこれこそがレオーネの西部の集大成だと思います。伝説と虚構、NobodyとSomebody、信じるものとその現実、ああ全部は夢だったんだ、ただのお話だったんだ、そう確認することも可能です。けれど、レオーネの映画を見て、男ならば絶対に何か心に残るはず(強引な)。そこですよ。ボーレガードはただ引退して落ち着いた生活をしたいと願うばかりで、その伝説は虚構だらけ。でも、そう仕立て上げたほかならぬノーボディ本人が、そのことは一番良く分かってるのに、それでも彼は『男には信じるものが必要なんだ』って言う台詞を臆面もなく吐くのです。そこなんですよ。そして私達ファンもレオーネにただただ惚れ込む、そういうことなんですね。たぶん。

レオーネとトニーノ・ヴァレリィの関係や、製作の背景、専門的な深読みなんかは、レオーネの研究をしてらっしゃるところできちんとしたのを読んでください。私はただのミーハーなので、そこら辺はただ『ほぉ〜』と頷くばかりです。うん、とにかく理屈はぶっ飛ばしても、あのクライマックスだけでも十分なんです。遠い砂漠の向こうから、砂埃をあげて近付いてくる150人のワイルドバンチ。ウィンチェスターを手に彼等を待ち受けるボーレガード。そしてモリコーネの音楽。それだけで無条件に目頭熱くなっちゃうんだからしょうがないだろ!!!どうせオレはパブロフの犬だよ!!本当にもう、ただただ阿呆のように感動するばかりです。

色々と思うところがありすぎて、なかなか感想書けなくって。まだ全然まとまってないですけど。見る前は色々と不安だったんだけど、予想外の中身の濃さにノックアウト。番外編みたいな映画ではありますが、他の作品よりも考えるところは多いです。各エピソードの気のききっぷりといい、象徴的なアイテムといい、見どころはたくさん。ちなみに「ミスター・ノーボディ2」はクラウスも出ているのでマストだね(結局そこかい)。無駄に熱くてごめんなさいねー。あとで見たら恥ですな…ははは……
| 稲本作蔵 | マ行 | 01:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
DIY精神炸裂「ミスティック・リバー」
「ミスティック・リバー」

さて、これは好き嫌いが分かれそうですねー。私はぶっちゃけダメでした。辛気臭過ぎるし……めちゃくちゃくたびれた。ものすごく上手くて最後までぐぐっと見れるし、確かに誉められるべき映画ではあるんですが、なんというか名優がそろいも揃って一人も侠気を見せないあたりが生理的にダメだ(笑)。ドラマ部分の演出は完璧だし、たいして重要じゃないにしろ謎解きはあのすっきりしないカンジがリアルで、凄い!とは思うんだけど好感度が低いのです。あと、問題はやっぱり音楽。DIYなのはいいんですが、全く合っておりませんー!コンポーザーの才能はないのかなぁ……。なんというか、はっちゃけない映画なんですが、それでも骨太な印象があるのは、きっと登場人物がしょっちゅう煙草を吸うからじゃないかなー、と思ってみたり。ティム・ロビンスが見てる吸血鬼映画が「ヴァンパイア/最後の聖戦」なのも忘れちゃだめですよ(DIYつながり?)。
| 稲本作蔵 | マ行 | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
Grooooovy!「マーダー・ライド・ショー」
「マーダー・ライド・ショー」

う〜ん、ちょっと期待し過ぎてたのでしょうか、結論として『もう一歩』と言わざるを得ない一本。MTV風のシークエンスがなければもっと良かったのですが………けれどもなかなかにグルーヴィーで楽しい映画に仕上がっていましたよ!

そのまんまテキサス・チェーンソー・マサカー、なノリでガキ共がぶりぶりとカッペに殺されまくるわけですが、全体的には確信犯的に馬鹿な雰囲気。でも、もうちょっとはっちゃけてくれても良かったですよロブ・ゾンビ先生!もっと内臓とか切断シーンとかが見たいですよ!たぶん、残虐シーンとかは結構削られてると思うので、きちんとしたバージョンで見たいな、と思わせるという意味ではやっぱり『本当にダメな映画』だというわけでなないでしょう。こういうのがやりたかったの!という熱意で誠意は十分伝わりましたから。キャラも素敵で、今回はイマイチだったけど続編も見るぞと思わせてくれました。ベイビーたんはとにかく可愛かったな〜激好みvvカンに障る高笑いと共にイチオシ!元チョップトップ兄ことビル・モーズリィも流石にカッコ良い〜vv

ちなみに、ドクター・サタンの地下の手術室のシーンはまんまマクファーレン!というかトーチャード・ソウルズ+インファナル・パレードでカッコ良いので必見でございます。
| 稲本作蔵 | マ行 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
暑い日にも暑い映画「燃える戦場」
いやー、暑いですねー。昨日今日とバイト休みなんで久しぶりにビデオ借りて来ました。4ヶ月ぶりに実家の方の最寄りのビデオ屋に行ったのですが、配置が変わってました。よく見たら60年代アメリカ映画のコーナーに「コレクター」と「アルフィー」が並んでおりました・・・あれ?アルフィー?

てなカンジで本日は「燃える戦場」を鑑賞。マイケル・ケインの出てる戦争ものって大体は面白いっすよね。というかこの頃の戦争映画が面白いんだな、『反戦』とかそういうテーマが殆どなくて。で、まぁ作戦そのものの面白さ(バルジ大作戦)とか、戦闘機そのもののカッコ良さ(空軍大戦略)とか、戦場で展開される漢の世界だとかが好きで見てるわけですが、「燃える戦場」は割とドロドロの心理劇でした。舞台は太平洋戦争さなかの南の島(フィリピン?)イギリス軍の小隊と日本語の喋れるアメリカ兵一人が、無茶な任務でジャングルを進む。とにかく暑そう・・・ケインたまも確か撮影は物凄く大変だったって言ってたな、これ。道中いざこざが耐えない上に、日本軍の基地でチョンボ。ジャングル内で日本軍将校の心理攻撃にあい、皆もうボロボロ。で、その日本軍将校を演じるのが高倉健なんですが、ヘロってるイギリス軍とは対象的に頭脳戦を仕掛けるクールな健さんはカッコ良かったですよ。英語ペラペラだし(日本語の台詞が殆どない!)。何かと対立するイギリス軍内でしたが、最後ケインたまとクリフ・ロバートスンが無茶な提案の決死の作戦にお互いニヤリと
するあたりは、戦争映画の醍醐味ですなぁ。

さて、今回のケインたまは衛生兵・・・最初はすんごい脇役くさくて、なんか変だったのですが、気付けば準主役に。気が短いのかと思えば、血圧低そうだったり・・・微妙にキャラが掴めなかったです。んまぁ、この映画の場合キャラ立ちはそんな重要でないけど。

もうすぐ「大戦略」DVD発売だし、あとは「最後の谷」だな。やっぱり面白いっすね、どれ見ても。好みの映画って予想外にたくさんです。「大戦略」は購入リストに入っておりますよ、もちろん。マイケル・ケインの出演作って「サイダー・ハウス・ルール」くらいしか思い付かなかったわけで、そりゃハマらないだろう俳優のリスト上位に入るよなぁ、という話で・・・ありがとうスタンプ、っつーカンジです(なんだそりゃ)
| 稲本作蔵 | マ行 | 19:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
TVM「迷宮のチェスゲーム1」
で、「迷宮のチェスゲーム」ですよ!第1話「The Cold War Killers」を見ました。男やもめのスパイ、デイヴィッド・オードリ−さんが予想外に可愛いかったです。TVMなので出来はこんなもんか、というカンジですが火曜サスペンス劇場だと思えばOKっす。対戦中に墜落した輸送機の積み荷にソ連のスパイと冷戦を絡めた割と渋めなお話で、面白いっちゃー面白いがちょっと展開が唐突というか、オードリ−さんがエスパーだとしか思えないシーンがいくつかありました。んで、そのオードリ−さんはしょっぱなから着替えシーンはあるわ、ラブシーンはあるわ、拳銃をかまえる姿がちょっとへっぴり腰だわで盛り沢山でございます。とにかくスタンプがたくさん見れてしかもなんか彼がノリノリ(死語)でやってなさるのでなんか楽しいっす。買って良かった。そうそう、冒頭のソファーに座るシーンでは、座り方が本当に相変わらずで笑えました。スタンプはやっぱりああでないと。まだあとオードリ−さんは2本残ってるので楽しみにとっておこうと思います。
| 稲本作蔵 | マ行 | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
テディとサ−「ミニミニ大作戦」オリジナル版
「キスキスバンバン」と言えばポール・ベタニ−でなく、ジェンマであるように(未見ですが)、「ミニミニ大作戦」もどっちか言うとサ−・マイケル・ケイン版だったらいいのになぁ、と思いながらみたオリジナル版ミニミニ。くだらなくて呑気で、そして小粋なのがたまらない。でも、小粋とは言っても同じ泥棒アクションで、腰砕けなエンディングなのに「黄金の七人」ほどカッコ良くならないのが逆に良いっす。ただの泥棒ではなく国の利益を絡めた設定が渋い!車には詳しくないけれど、ミニクーパーでトリノを逃げるシーンは非常に爽快で美しい。とにかく綺麗。そして何よりもチャーリ−役のサ−が!サ−がカッコ良いのよ!仕立て屋できちんとスーツ着せてもらって再登場するトコでは思わず『ごぶっ』とか変な音を出してしまつた。で、役もカッコ良いかと言えば全然そんなコトない。大きなクマちゃんを持って女連れ込んだ言い訳するわ、とにかくテンパりまくってるわで稲本トキメキまくり!あんたは小学校の遠足の引率かよ!という雰囲気に思わずにこにこしちゃうような映画でした。リメイクも嫌いじゃないんだけどねー。ナプスタとロブが。しかしやっぱりステイサムといえばGOMか「ミーン・マシーン」だよね!(って何の話だ)。

そうそうクリストファー・ノーランの「バットマン」でサ−がアルフレドする……らしい。何ライバルぶっとんねん(いや、ぶってないやろ)。でもねぇ、スタンプがラムズリ−やってしかも次の出演作が「エレクトラ」ってとこにサ−がアメコミ映画で執事役なんて出来過ぎじゃね?オレってばもう心底腐ってる?……うん、まぁ腐ってますよね。ていうか単純にサ−がアルフレドってのが嫌ー!違うー!それだったらバットマン・ザ・フューチャ−の心臓発作でぶっ倒れるじーさんブルースのがいいもん!


あー、ホントにすっかり引きこもりで部屋から出ると言えばビールを買いに行くか、ツタヤに行くだけです。太る太る。あと、またちょっと右耳が痛い。出血しないといいんだけど…
| 稲本作蔵 | マ行 | 17:29 | comments(0) | trackbacks(207) |
ダメだ、ツボ入り過ぎ…「メイ」
さてアートスフィアに行く前に渋谷のイメージフォーラムで「メイ」を見て参りました。こ…これは今年劇場で見た映画のなかでは一番かも(王の帰還は除く)。最近よく涙腺ゆるくなってるって言ってるけど、これもまた見てる間中ずっと半泣きでした。家で一人で見てたら号泣してたかも。危ねぇ危ねぇ。「アメリ」は見てないけど、アメリのホラー版と言ったら分かりやすいかも。勇気を出したところで分かってもらえりゃしねぇのよなぁ。もうぐさぐさ刺さりまくりだよコレ。あいたたたたた。主人公のメイに感情移入してしまった人はもうアウトだろうね、同族嫌悪で全然感情移入出来なくてイライラする人もいるだろうし、それ以前にああいうマイノリティの気持ちは全くわかんねぇジョックス野郎もいるかもしんねぇ。メイが好きになるのがジョックスじゃなくて、どっちかというとこっち寄りの男、っていうのが強烈。レズビアンもパンクスもマイノリティかもしれないが、そんな彼等にさえ理解されないメイ。半端じゃないのですよ。身につまされる部分もあり、またもぐさぐさと………ちょっとメンタル面でツボに入り過ぎて恥ずかしかったですよ。でも、メンタルな部分だけじゃなくて監督のラッキー・マッキーは新人のくせにめちゃくちゃ上手いんだ。演出も編集も音楽もすごく良く出来た映画で、楽しめるのはもちろん十分に楽しめると思います。血みどろですよ。ゴアシーンは直に映りはしていないけど、かなり上出来。ただ、イメージフォーラムみたいなトコは全体的に性に合わないので、それが『映画を見に劇場へ行く』という点でマイナス(笑)。予告がどれも面白くないのだよ。
| 稲本作蔵 | マ行 | 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
アイラブNYその1「マニアック」
ユーロトラッシュ不法集会リターンズの最終日は「ニューヨーク派大復活祭」ということで、スプラッタなのかホラーなのか、なんなのか、な、とりあえず背景はNYですアイラブNYな映画3本見てきました。『芸術家』になりたいけど、なりきれないアーティストの暗い思い入れ炸裂ってカンジです。


とりあえず「ザ・シャウト」には間に合わなかったので「マニアック」から。デブでヒゲの暑苦しいおっさんが、ねーちゃんを襲っては頭の皮を剥ぎ、マネキン用のカツラにする映画。しかもおっさんはマザコンで、その抑圧されたアレが殺人衝動の源になってるという色んな意味で気色悪い映画。またそれをネチネチ演じててキモいんだ。特殊メイク&VFXはトム・サヴィーニ様が担当、赤い赤い。突如ゾンビ映画ちっくになるクライマックスはいかにもで良かったです。なによりトム・サヴィ−ニの殺されっぷり最強。さすがだ。この映画に関しては彼にしか期待していなかったので、そういう意味では大満足。大好き。
| 稲本作蔵 | マ行 | 19:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜 (JUGEMレビュー »)
映画主題歌, エンニオ・モリコーネ, フランチェスコ・デ・マージ, ブルーノ・ニコライ
愛聴中。渋いセレクトで泣かせるぜ。
まぼろしの市街戦
まぼろしの市街戦 (JUGEMレビュー »)

大傑作。見てないヤツは今すぐ見れ。

このページの先頭へ