Foolkiller Movie Death Trip

最近見た映画の感想文を中心に、音楽や読書の話題も(全て凄まじく偏っている)。
のらりくらりと、且つアグレッシブに行こうぜ。Space Lord Mother Fucker!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
アンソロジー「ホラーSF傑作選/影が行く」
「ホラーSF傑作選/影が行く」P.K.ディック、D.R.ク−ンツ他

日本オリジナル編集のホラー系SFアンソロジー。SFに詳しいわけではないので、知っている名前(のみ)は上の2人とジョン・W・キャンベル・ジュニア、リチャード・マシスン、ブライアン・オールディス、クラーク・アシュトン・スミスくらいでしたが、定番とビッグネームも多いため、さすがに水準は高かったです。

表題作の「影が行く」(ジョン・W・キャンベル・ジュニア)はもちろん「遊星からの物体X」の原作。カーペンター版はかなり忠実に映画化されている、とのことでしたが読んでみて納得。筋書きが、とかではなくて南極基地内のあのいやーなカンジは本当によく出てる。どいつもこいつもすでに『アレ』になっちゃってるんじゃないか、ていうか既にオレも……?というあのカンジ。字で読むと、どうしても「狂気の山脈にて」を思い出してしまうのですが、まぁ、基本設定はかわらないような気もしますし、やっぱり南極って何かあるよな。うん。

全体的に水準は高いけれど、好き嫌いはかなりはっきり分かれる作品が多かったです。やっぱりク−ンツは好きくないな、と思いつつオールディス版「宇宙からの色」な「唾の木」の文体の凝り様を楽しみ、掘り出しものに喜び、といったカンジ。興奮してしまうくらい良かったのがデーモン・ナイトの「仮面(マスク)」。これはマジに良かった。一言で言えばサイボーグものなんだけど、ひねりの効いた、カンジの悪いストーリーにはやられた、と言うしか。こういう、『科学の素晴らしさ』を逆手にとったような展開はSFでいうと、たぶん物語作りの要であって常套なんだろうけど……でも、まとまりがよくてこう、パシッとツボに入る感触が読んでて感じられたのは久しぶり。あとアルフレッド・ベスターの「ごきげん目盛り」。人をくった展開で面白かったんですが、トリッキーな人称がしょっぱなからオチをばらしてて残念。シオドア・L・トーマスの「群体」は所謂ぬるぬる触手系クリ−チャ−もの。よく見るシチュのわりには具体的な作品は「人喰いアメーバの恐怖」くらいしかしらないので、逆にものすごく新鮮だった。パルプマガジンのカバーアートとかではよく見るだけで、実際そういう作品はあまり残ってないのかな。

普段SFは読まないのですが、実際はスペースオペラとかが苦手なだけであって、しかくいものとまるいもの、科学の合理性と人間の不合理性の狭間からうまれる物語というのは面白いものです。理解を越えたものに出くわした時、制御不可能になった時、入っては行けない領域に入ってしまった時、結局物語の核はホラーと近いものが多いんですね。解説にそのあたりは詳しく載っていましたので暇な人はぜひ。
| 稲本作蔵 | 読書 | 12:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジャック・ヒギンズ「鷲は飛び立った」
えー・・・重い腰を上げて「鷲は飛び立った」読了。

前作「鷲は舞い降りた」はもう本当に言う事なしに最高だったのですが、この続編というのが『実はシュタイナが生きていた』という設定で始まるので、もう本当にげんなりしちゃって(笑)。でも、やっぱりどうしても気になって読んでしまいました。

前作の最後で、イギリスで死んだと思われていたシュタイナ中佐は、実は生きていてロンドン塔に幽閉されていた。その報をうけて、ドイツ軍上層部は再びリーアム・デヴリンを呼び寄せ、シュタイナ救出を依頼する。というお話なわけで、映画しか見てなくてしかもそれがお気に入りな人にとってはかなりげんなりする・・・と思うんですがどうですか。でも、げんなりするのを除けば面白かったですよ。割り切るのは大変だけどねー。

シュタイナは今回完璧に脇役になってたんだけど、キャラ的にはすごく書き込まれてて、修道院のシーンとかはかなり・・・・(かなり何だ)。あまりにシュタイナが好きすぎて、かなりここに書くと不味いような気持ちの悪い考察と語りとかもしたいのはやまやまなんだけど、あれじゃ正直言って萌えキャラですよ(小声で)、すごいびっくりした。エンディングは大団円でつまらないとはいえ、読んでてシュタイナのことが本当に可哀相になっちゃったので、まぁそれはそれでいいか、と。今回はシェレンベルグとエイサがカッコ良くて、デヴリンはモテモテ。ヒトラーの暗殺計画を絡めた展開はかなりスリリング。そして他の落下傘部隊の隊員たちにモテモテなシュタイナ(笑)。ロンメル将軍も出るよ。

感想としては『まぁ、いいんだけどね・・・』というカンジです。楽しめたのは楽しめました。でも、邪道だなぁ!
| 稲本作蔵 | 読書 | 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
たまにはマンガ「BLACK LAGOON」
ブラック・ラグーン 2 (2)
ブラック・ラグーン 2 (2)
広江礼威:小学館サンデーGX COMICS


本日は唐突にマンガの紹介です。

実は、基本的にマンガは殆どと言っていいほど読まない人間だったりします。というか高校2年あたりから急激に読まなくなってしまいました。友達に言わせると『意外』らしいんですが、まんがをたくさん読むからオタク、というわけでもないんだね。でも、たまに衝動的にマンガ欲しくなって、たまたま手にとったのがえらく好みだったりなんかすると参りますな。というワケで現在ぷちハマり中の「BLACK LAGOON」。なんでわざわざここで紹介するのかというと、要はブログの趣旨に合ってるからなんですけど。絵もむちゃくちゃ上手いし、話も面白いんだけど、コマ割りと台詞が最高!クラックワイズって言うのかな(ちょっと違うか)、気の効いた台詞満載。乗れればとにかくノれますこれ。あと、ネタ元に親近感わきまくりで、読んでてにやにやが止まらないです。各自読んで確認のことです。映画だと、よく登場人物が映画の中で映画を引き合いに出したりするけど、そういうシーンも結構あるし。アングルやあと、やっぱりマンガは女の子が魅力的でいいですよね〜…3次元だとこうはいかないからなぁ。ガンスリンガ−・レヴィちゃんが大好きでっす。ロシアンマフィアの姐さんも。これで、銃器類の解説なんかもあれば最高なんですが(笑)。

過去にハマったマンガだと「GUN SMITH CATS」とか、闇家業でスピード感あってガンファイトの多いマンガって好きです。映画と殆ど好みがかわらないですなー。場面設定も渋いし、なにより仕込み傘とか反則だろ……(メイドさんの話でやられました)。


+++++++



それで、その後どうなったかというと。御報告までに。

昨日、原宿まで行ったんですね。例のアレを見に。ジェイソン・リ−には会えませんでしたが、他のライダーには会えたよ…というか目撃したというか(笑)。詳しくは裏日記に書いてあります。知ってる人はそっちで事の顛末をどうぞ。たいしたことは書いてないけどね。素敵なポスターもゲットしたし、別にすごく残念、というワケでもなく。で、帰りにTWSの今月号と「続・夕陽のガンマン」のサントラを買いました。それだけです。「The Ecstasy of Gold」は来日した時にもやったんだよね……ああ、やっぱり行けばよかった………
| 稲本作蔵 | 読書 | 18:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
J.G.バラード「時間の墓標」
前回、「ミスター・ノーボディ」の感想で「怒りの荒野」について触れるのを忘れていました…げふっ。今さら言うのもなんなんでもういいですが、この2作品、合わせて考えると吉、かな。


さて、J.G.バラード「時間の墓標」読了。

本人の言う、『コンデンスド・ノヴェル』というものに少しだけ近付いている時期にあたるのでしょうか。「時間都市」にくらべると明らかに娯楽色が薄くなっています。時間軸というものを更に大きくとらえなおした作品群は、どれも『めためた』に行きつ戻りつ逆転したり具現化したりの、あまりに特異な世界が展開しています。全くベクトルを欠いた『時間』というのはなんだかもう、ただそら恐ろしいものがあります。

今回はやっぱり「終着の浜辺」が突出した印象を残します。本人は『失敗した』とか言ってたようですが、これはもうなんとも……読後感は口では言い表せないです……とにかくがつんと視覚にくるのは凄い。原文で読んでみたい。とにかく『死』の匂いが濃いのですが、それが単なる美化とか陳腐な話でなく、物理的であり精神的である現象としてとてつもなく美しく描き出されるのは圧巻の一言。もう、たまんないっすよこれ。文字による表現でこんなものも可能なのかと。あとは、ブラックな味わいの「マイナス1」、なんとなく「ゼイリブ」だなぁ(おい)な「識閾化の人間像」、SF作家であることを逆手にとったような「ヴィ−ナスの狩人」、どれも面白く且つ味わい深かったです。

あまりに私は彼の作品を語る言葉を持たない厚みのない人間ではあるけれども、それでもここまで読書の楽しみを思い出させてくれた作家って他にはいないなぁ、と授業中に読み終わった私はただただ唸るばかりでございました。

+++++++

今日のBGMは〜、寒くなって来たのでCoilの「Black light district」とゴブリンのベストがループで鳴っています(暗いなぁ)。一体私は「How to destroy angels」をどこに置き忘れてきたのだろうか…っていうかちくしょう、寒いなぁ。明日は実家からみかんが届きます。学校さぼりたいなぁ。TWSってもう入荷してるのかなぁ。ああもうダメだ、寝ます。
| 稲本作蔵 | 読書 | 00:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
J.G.バラード「時間都市」
さて、バラードの短編集「時間都市」を読了。

「プリマ・ベラドンナ」も入ってることだし、最初の短編集かなと思ったら「時の声」の方が出版は先だった。全体的には時間や空間をテーマにしている、と言っていいのかな。あまり言い切りたくはないのですけど。割とベーシックな話が多くて読みやすいです。ある程度はこれが基本なのかな、ということで今ではよく目にするシチュエーションには少し手垢のついている感はあれど、 全くその奇想と表現力は損なわれておらず。

一番好きなのは「大建設」。上下左右に果てしなく増築されていく都市で、その限界とその外の空間を見極めようとした男の話。メビウスの輪です。基本中の基本といったカンジの切ないタイムパラドックス話「静かな暗殺者」。書くことと、書いたことの具現化「最後の秒読み」。美しく哀しい小品「時間の庭」。どの話、とにかく完成度は高くて、かなり基本形のものばかりだけど本当に唸らされます。ヴァーミリオン・サンズ関連の感想は今回パス。単行本手に入ればまた。

「時間の墓標」はこれよりももっと実験的な味わいが強くなってる…のかな。まだ殆ど読んでないけど。
| 稲本作蔵 | 読書 | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
J.G.バラード「ハイ・ライズ」
J.G.バラード「ハイ・ライズ」読了。
いやぁああああ、(またしても)これは凄かった。テクノロジー三部作の中ではダントツで好きです。文庫(原価は280円)でしたが、2000円の価値は十分にありました。

インテリ層、上流階級の人間ばかりが住む40階立ての超高層マンション。モールやフィットネスクラブ、小学校までも備えたそのマンションは一つの社会として成り立つほどのものだった。夜毎開かれるパーティーが狂騒的になるにつれ、徐々に階級間の摩擦が激しくなり、マンション内は『退化』と呼べる様相を呈する『新世界』となっていく。閉ざされた空間における人間の行動と心理と順応というのはバラードのどの長編にも基本的に見られる図式。「ハイ・ライズ」の場合は高級マンションといっても、住む階の高低に基づく階級差があり、近しいとは言え別階級間の抗争があるのは珍しいところ。下層部、中層部、上層部とそれぞれの階層にメインの登場人物がおり、彼等がどんどん『退化』していく様が描かれます。電気は通らず、空調も効かず、食料もなく、トイレも溢れた中で、罠を仕掛けてペットをとらえ、バリケードを築き………

以下、少しネタバレ。
続きを読む >>
| 稲本作蔵 | 読書 | 00:18 | comments(0) | trackbacks(1) |
J.G.バラード「狂風世界」
バラードの「狂風世界」読了。

えーと・・・微妙っちゃー微妙だよな。長編デビュー作ということで、未だBallard Landは確立されておらず。日々風速が5マイルずつ増える異常気象に見舞われた地球で、人間文明は崩壊するのかしないのか、というお話。ディザスターものとしては面白いです。話はインナースペースに向かわず急速に収束してしまって最後は「ええっ!?」というカンジなのですが、文章の端々や、登場人物の行動にこれは、と思う部分も見え隠れ。なにが違うかというとカリスマのある英雄的人物の出てくるところですかね。「沈んだ世界」のストラングマン(大好き)とか、「クラッシュ」のヴォ-ンとは違う意味でね。執拗に都市が破壊されていく様の描写とかは結構に恐ろしく、いやなかんじなのでした。


今は「夢幻会社」の合間に短編を読み中。「時間都市」の「狂気のひとたち」には愕然。ごくごくシンプルな話ながら、そこから重層的な意味が立ち上るさまはすばらしいのヒトコトにつきます。
| 稲本作蔵 | 読書 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
J.G.バラード月間。
J.G.バラード「殺す」読了。

んまぁ、小品というか習作といったカンジですかねー。ロンドン郊外の高級住宅地パングボーン・ヴィレッジで32人の住人が殺され、13人の子供達が誘拐される、という事件を元に精神科医の日誌の形で綴られる中編。たぶんこの辺りからミステリーの体裁を取り始めてたんだと思うんですが、もちろんミステリーだと思って読んだら怒りたくなるようなあれなので要注意。テーマからして、「コカイン・ナイト」「スーパー・カンヌ」へと続く布石なのは明らかですが、淡々と現場検証と憶測が並ぶ様は「残虐行為展覧会」に近いと思います。そんな前衛してるわけでなく、作品の存在意義が。そんなに面白い……というか読みごたえがあるとは言えないのですが、年代からして目の付け所の良さはさすが。

ちなみに原題は「Running Wild」。日本語タイトルは方向性が見えなくなるので大失敗だと思います。
| 稲本作蔵 | 読書 | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
有意義な余暇の過ごし方「スーパー・カンヌ」
抗生物質で胃をやられてしまいました。うー、なかなか参り中な今日この頃です。ああ「マーダー・ライド・ショー」見てぇなぁ。見たら元気出そうだなぁ。


さてそんなカンジですが日々読書中。J.G.バラード「スーパー・カンヌ」読了。「コカイン・ナイト」から続く『社会病理三部作』第二弾。前作と似た展開ながら、アイデアと手法は更に練られてて非常に読みごたえがありました。巨大なビジネスパーク内で起きた医師による銃乱射事件を軸に展開する物語は、ミステリー的な体裁を取ってはいても、内容はやはり脱ミステリーな話。病める現代社会を描くのではなく、何を持って「病んでいる」というのか、という問題が主なテーマ。麻薬、児童ポルノ、スナッフムービーすれすれの暴力ビデオ。インモラルというのとは違い、モラルというのは移り変わるもの、というところを突く。おしつけがましくなくていいですねぇ。ははは。終わり方は賛否両論ありそうだけど、私はああいうの大好きです。詳しく言っちゃうとネタバレなっちゃうんだが、ONE MAN ARMYという図式って燃えるじゃないですか(笑)。実験的でありながら、エンターティメントとしての高い水準を保つのも流石。全くもって貧乏くさい生活を送る私としては、やっぱり浮世離れした世界に感じられるエデン・オランピアですが、実感はなく
とも一人称の語り口と情景、心象共に綿密な描写は地についております。

コロンバイン高校で、本当に病んでいたのはどっちだろうとか、ウエストメンフィス3にまで思いを馳せていたら、ネオナチの活動活発化のニュース。ぞっとしますねぇ・・・と言いながら「沈んだ世界」を再読していたらバングラデシュが大変なことになっている!いつ読んだってバラードの著作は恐ろしいのであった。
| 稲本作蔵 | 読書 | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
J.G.バラード「コカイン・ナイト」
さて、J.G.バラードの「コカイン・ナイト」を読了。昨日映画を見た帰りに買って、焼酎と焼あじを肴に6時間程で読み上げてしまった。バラードは「結晶世界」「沈んだ世界」での閉鎖的な状況と薄ぼんやりとしてるのに光が多い、というなんとも言えない視覚的なイメージが一番先に出て来ちゃうんですが、最近のも凄いんですね。つーか凄かった。マジで。とりあえずミステリーという範疇には入るのだろうけど、もはや宗教がかってる(サイエントロジーについてツッコむのは自分に禁止)。複合的な視点も素晴らしい。

あまりに重層的な話なので、頭の中にたくさんたくさん感想が飛び交っててなかなかまとめられないのです。ミステリーでありながら謎解きは重要でなく、黙示録的でありながら警鐘はならさず、エンターティメントでありながら実験的。スペインの明るい陽光が眩しく、そのフラッシュの中にピラネージの牢獄を見た、と言葉にすればそんな印象。放火殺人の角で逮捕された弟のためにスペインの高級リゾート地へやってきた主人公。弟の無実を信じ調査を進めるうちに、無邪気で平和なこのコミュニティの裏の顔を知ることに…という粗筋だけでは単なるミステリーで、そして単なる二元論的善と悪の捕り物なんですが、実際読むと全くそんな印象はありませんでした。何が善で悪だかわからない、というよりも役割付ける意味がないと思った。それを言ってもしょうがないのは「ゼイリブ」を見た後の、もし自分だったらどうしていいか分からない感に似ている。

来るかもしれない未来の一種のシュミレーションとして読めるわけで、本自体が箱庭。一人称で語ることによって読み手を被験者にする手腕も秀逸。だからと言って何回なワケではなく、ごちゃごちゃ言う前に娯楽としてひたすらに面白いです。まぁ、多少、小説内に出て来る『手法』が強引なのは気になりますが、バラード本人が「テオレマ」を出してるので一気に分かりやすくなった。「テオレマ」見てて良かった。メカニズムは同じですな。それを端的に描くところがパゾリーニと同じで実験的…か。それも一種の例え、というか一つの予測される形なので、細かくツッコミは入れられません。難解なことはないですけど、自分の中で感想に折り合いをつけるのは非常に困難な作業です。面白さではばっちりですが、以上の理由により良し悪しの評価は付け難いねぇ。

来るべき未来はあらゆるタイプの精神病の症例を内包した眩しい光に包まれているかもしれない。そんな話。重いです。
| 稲本作蔵 | 読書 | 18:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜 (JUGEMレビュー »)
映画主題歌, エンニオ・モリコーネ, フランチェスコ・デ・マージ, ブルーノ・ニコライ
愛聴中。渋いセレクトで泣かせるぜ。
まぼろしの市街戦
まぼろしの市街戦 (JUGEMレビュー »)

大傑作。見てないヤツは今すぐ見れ。

このページの先頭へ