Foolkiller Movie Death Trip

最近見た映画の感想文を中心に、音楽や読書の話題も(全て凄まじく偏っている)。
のらりくらりと、且つアグレッシブに行こうぜ。Space Lord Mother Fucker!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「ザ・ハンガー」1stシーズン鑑賞完了
さてさて、「ザ・ハンガー」1stシーズンのビデオも全部見終わりました。スタンプたんがじじぃになってからの仕事ではぶっちゃけて言うとコレが一番好きです。なぜならとにかくスタンプが倒錯してて我が侭でコスプレ炸裂(あととても美人)だから。やっぱりスタンプたんはこういうキャラじゃないと納得がいきません。だから「プリシラ」は全然ツボじゃないのよ…良い映画だが強く生きて行くオカマを見たって、私は全然元気になれぬ(ちなみに見ると元気になるスタンプ出演作は「blue」素直な良い子だから)。むしろ変態なので女装をしています、という方が似合うと思うのは私だけか?まぁ、とにかく「ザ・ハンガー」のホスト役は当たり過ぎ。『もっときつく締めろ!』は稲本の名台詞集の中にランクインしていますよ。「ショック集団」の『わたしはインポだがこのままでいたい』の次くらい。全編通して美味しかったのですが、やっぱりコルセットの回とわんこネタの回が私的には強烈でした。うむ、いいもの見せてもらったなぁ。ちょっとビデオを借りに行く愉しみが減ってしまって寂しいです。まぁ、もうすぐ「エレクトラ」だし………なんだかんだ言ってネタはあります。清掃員コスのシーンがどれだけあるかにかかっておりますよこの映画。

マイケル・ケイン。アメリカでは「デンジャラス・ビューティー2」が公開されましたね。どんなカンジになってるんでしょう。私はというと「影の軍隊」のビデオを買いました。「Shiner」はまだ見てません。ジャケでケインたまが持ってるのがどうもM500に見えるんですが、じじぃがM500をぶっぱなすというかっちょいいシーンがあるんでしょうか。早く見よう。そういや春休みにBSで「サイダーハウスルール」をやってたので見てみました。どうもこれは借りてまで見る気がおこらなかったんで……うん、まぁ、旦那は凄く良かったですよ確かに。でもそれだけ。どうも映画自体が肌に合わなくて。これだったら私としては「愛の落日」でグラミーとって欲しかったですなぁ(無茶言うな)。やっぱり私はハリ−・パーマ−とかナイジェル・パワーズとか「燃える戦場」とか「鷲は舞いおりた」とかのケインたまでないとダメみたいです。要は眼鏡かエロいかフェイバリット監督の映画に出てるかじゃないとダメなんだなぁ。眼鏡かエロいか……


これから見に行きたい映画。
「キャビン・フィーバー」「PTU」「インファナル・アフェア3」
「PTU」めっちゃくちゃ楽しみ。
| 稲本作蔵 | 映画雑談 | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
2004年ベスト&ワースト(遅っ)。
2004年度の鑑賞作品、ベスト5とワースト3を発表します。なんか、今サイトの方は閉めてるし、少しは映画ブログらしいことをしておこうかという……

去年、劇場に行ったのは20回。そのうちの四回は「王の帰還」で、二回が「ホーンテッドマンション」。だめですね、全然見てません。自宅鑑賞は186本。その中から去年リリースされた新作も加えてのランキングです。


ベスト5

1「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」
一位か番外か悩んだのですが、あまりに冴えないランキングになるので入れました。もう、他の映画と同じには扱えない一本。たぶん、05年のランキングの1位は王の帰還SEEになると思います(笑)。

2「MAY」
トータルで見て素直に良かったなぁ、と思えた一本。メンタル面でツボに入り過ぎてぼろ泣き一歩手前でした。役者も監督も新人なんだけど上手い上手い。主演のアンジェラ・ベティスはジャンル女優として活躍し…始めています(いいのか悪いのか)。音楽の使い方もいいなぁ。割と女の子らしい気持ちで見れた珍しい映画。私だって女の子なの!

3「死霊のしたたり3」
大きな声で言うとバカだと思われそうだけど、言っていいですか。萌えました(バカだ)。もうダメだ。ウエストちゃんがとうとう一人立ちしましたよ。10年たってやっと相棒に頼り過ぎないことを覚えましたよ。クライマックスでハワード(H.Pって名前は流石にやり過ぎですが)のIDを抜き出すシーンでマジで感動しましたよ!なんかもう、稲本には別の世界が見えてそうな一本。

4「テキサス・チェーンソー」
言わずもがな、オリジナルにはとうてい適わないけれど、かなり真面目にホラーというジャンルに取り組んでて好感が持てる映画。照れ隠しのコメディシーンなんか微塵もなくてきちんとしてて良し!もちろん絶叫が足りないとか扉の締まり具合が悪いとか色々あるけれど、私としてはトレーラーハウスのビザ−さに魅力が集約されるかな、と。

5「愛の落日」
これを入れるか、と言われそうだけど入れます。確かに映画としては弱い部分はたくさんありましたよ。ここをこうして欲しい、ああした方がいい、いくらでも言えますが、いいのです。マイケル・ケインがエロい役をやっていれば、それだけでいいのです。私、この映画の旦那で白い御飯、5杯はいけますよ…………


ワースト3
(物凄く好き勝手なこと言ってますが、言う価値なしと思った映画は口にしませんので、実際はそこまでこき下ろしているつもりはないです。)

1「ホーンテッド・マンション」
正直につまらない。映画としてどこも褒めるところがないよ!!凄いな!スタンプ目当てで二回も見に行ったけれど、スタンプ的にも最高!というわけでもない。なのに、去年一番楽しんだ一本になってしまうんだなぁこれが……えーと…おかげで本格的に足を踏み外しましたよ。あははは。

2「ヴァン・ヘルシング」
タダ券がなかったら見に行かなかったと思うので、ワーストに入れるのもなんだかなぁ、ですが、酷いよこれ…眠かったよー!ソマ−ズ監督、「ハムナプトラ」は好きなのになぁ。何がいけないって見せ場が一つもないくらいに同じテンションなんだもん。単調で途中でめんどくさくなりました。だらっとみるのにはまぁいいかも。

3「スクール・オブ・ロック」
映画としてはすごく面白いんだけど、どうにも胸糞悪くなる映画。見た後に疑問符がいっぱい。これがロック映画という括りなのがどうにも解せない。使われている音楽はどれも最高なのに。マイク・パットンやWIREが何故あんなにもカッコ良いのか、ロックじゃないことって本当にロックなんだなぁ。と。普通にコメディとしては面白いのに……はー。


以上、新作についてはそんなカンジ。去年は『何を今さら…』な名作をたくさんみたし、役者目当てで相当見てて旧作はもう収集つかないので気に入ったものを羅列。「荒野の七人」「夕陽のガンマン」「続・夕陽のガンマン」「夕陽のギャングたち」「ウエスタン」「ミスター・ボーボディ」「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」「世にも怪奇な物語」「パーマ−の危機脱出」「黄金の七人」「ガンマン大連合」「男達の挽歌」「男達の挽歌2」「Mバタフライ」「鷲は舞い降りた」「ブレインダメージ」「血と怒りの河」「風来坊」「風来坊2」「眼下の敵」「狩人の夜」「特攻大作戦」「地獄の戦場コマンドス」「攻撃」「M.A.S.H」………あー、なんか我ながら分かりやすすぎる&スタンダードばかりでイラっと来ますな(笑)。
| 稲本作蔵 | 映画雑談 | 22:14 | comments(2) | trackbacks(170) |
「ガンマン大連合」再鑑賞。
久しぶりに「ガンマン大連合」を見た。本当は、突然「シェーン」を見てみようと思い立ってツタヤに行ったんだけど、貸し出し中だったので、じゃあ、と「ガンマン大連合」を引っ張り出して来た。その『じゃあ』ってのがどこにかかるかというとジャック・パランスにかかるんだけど(笑)。久しぶりに見てもやっぱり面白くて面白くてたまらなかったですよ、バモサマタ〜。バスコ(トーマス・ミリアン)とヨド(フランコ・ネロ)はもちろんなんですが、改めて見ると鳥のおじさんがすげぇなぁ、と。ハッパを吸ってはにへらにへらと髪を振り乱してるジャック・パランスはマジで上手すぎ!上手過ぎてホントにハッパ吸ってるんじゃないかと思うんだけど、どうだろう。いや、それじゃ演技出来んやろ。ていうかコスタと中の人が同じだとは思えないよね鳥のおじさん………と言うわけで、少しジャック・パランスの出てる映画を重点的に見ようかと思います。「豹/ジャガー」とか。なんつっても主演がフランコ・ネロ、監督はコルブッチ、音楽はモリコーネとブルーノ・ニコライ(!)なので、これはむしろ買い物リストに入れておいた方がいいですね。メンツだけで購入必至か。

あとケインたま主演の「夕陽よ急げ」を見たんだけど、これがもう笑いが止まらないくらいダメ男の役で最高でした。調子に乗りまくってる成金野郎とか、堂に入り過ぎだから!!映画としてはちょっと微妙だったけど………詳しくは後程。

最近、劇場で見たいなー、と思う映画が全くないのでむちゃくちゃ足が遠ざかっていますが、やっとこ「ベルヴィル・ランデブー」が公開なようなので、それだけ見に行きたいと思ってます。アンチ『萌え』なカンジでアニメ界に殴り込み、というワケでもないんでしょうが、やっぱりちょっとレトロなツール・ド・フランスというのを見てみたい(そっちか?)。そういえば先日のサイクルショーにハミルトンとペタッキも来たんだよねー…知人が顔だけは拝見してきたそうです。サインも欲しかった……。

相性が悪いCDと、良いCDがあって、悪いといつまでも読み込まなくて聴けなかったウチのコンポさん。修理に出してからはなんだってばりばり喰ってくださり、早く修理しなかったことを後悔。Skinny Puppyの「VIVI sect VI」は凄い好きなアルバムなんですが、これがもう相性が悪くて悪くて、もう一年以上聴いてなかったのですよ。あー……いいなぁ…………無機質で暗くて不快感すれすれのがじがじとした音がとても美しいアルバム。やっぱり音の配置の妙だなぁ。あ、今気付いたんだけど、Swansの「FILTH」、2枚持ってるよ私(笑)。
| 稲本作蔵 | 映画雑談 | 00:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
アルフィーネタはオースティンパワーズで十分。
今日は学校休みだ嬉しいな。昨日は学校に行ったはいいが、殆どの授業が休講になるというありえない事態に。先に言ってよ。もうちょとで4連休になるとこだったのにな。

昨日、ちょっとアレでうだうだと「アルフィー」見てました。やっぱりウチにある輸入版のVHSはちょっとシーンが足りない気がするんだけど気のせいかな。リメイク版ももうすぐ公開なようなので、DVD化してくれると本当に嬉しいんだがな。そう思ってリージョン1のDVDは買わずにVHSで手元に置いてるんだけど。色々とリメイク版に思うところはありますが……というかぶっちゃけ見たくないです。ジュード版アルフィーは。どうも彼は苦手で、おかげで「イグジステンス」もBooだったし、首をかくっとやったら音楽鳴るのはイイんですが……しかし、それ以上に見たくないなぁ、と思うのがオリジナルのオリジナル版アルフィー。つまり舞台verで、スタンプ版アルフィー(笑)。イヤじゃない?なんか私、想像するだにイヤだよ。だってスタンプがあのキャラだと腹立つじゃない。殴りたくなるじゃない(それは単に個人的な性癖としてスタンプを殴ってみたいだけでは)。やっぱりアルフィーはケインたまだから可愛くて情けなくて、寛大にもまぁ許してやるか、と言う気になるワケで、それ以外の人ではただのむかつく人になってしまうのが難しいところです。スタンプが舞台の上で『100』とか言ってたのか、と思うとそれはそれで笑えますけど(貧弱!)。

とか思ってたら、「アルフィー」も「追撃者」に続いてワーストリメイクに選ばれたようで。ジュード+ケインたまverの「スルース」も実現したらきっと入るな。いっそ「ズール戦争」でもリメイクすればいいのに。ブロムヘッド中尉の中の人を選ぶ時のポイントはそこはかとないオカマっぽさだ。

気が付くと「世にも怪奇な物語」DVD発売まであと一ヶ月切ってました。タワレコでチラシをゲットしてきたです。興奮のあまりスキップしたりハァハァしたりしながらごそっとチラシを取って行く私。横にいた人はきっと物凄く怖い思いをしたと思う。ジャケもトビーたんが一番前のデザインで、LD、US版DVDのデザインを、というワケには行かなかった模様。でも、吹き替えも付くし、特典も入るようなのでもう有り難い限り。

うわわ。「ミスター・ノーボディ」名無しちゃんの吹き替えが広川!!買わなきゃ!今すぐ買わなきゃ!



今日の一曲
「Jad」Storm at sunrise。ここまでバリバリ前面にオルガンが出てると、問答無用で鼻血が。Spiritual Beggaersからメタル成分を抜いたらこんなだ。
| 稲本作蔵 | 映画雑談 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
じじぃ関連でいろいろ。
やっと「唇からナイフ」のUS盤DVDを注文した。リージョンコード1だけど、パソコンで見るからいいや。パソのDVDプレーヤーをリージョン1に設定してしまえばいいわけで、1以外のソフトは普通のDVDプレーヤーを使うから別に構わないよなー……問題は台詞の聴き取りだなー、どれくらい訛ってるかによります(笑)。しかし送料はかかるのなんの。金欠だなぁ…近いうちにハリー・パーマーのTVMのビデオも2本届くし、テンションが上がって「オースティン・パワーズ/ゴールドメンバー」DVD買っちゃったし……(ハリー関連コンプ計画)。

で、オースティン・パワーズ……ではなく愛するナイジェル・パワーズと特典映像目当てでの購入だったわけですが、噂にきくとおり特典がめちゃくちゃ美味しかった!本編でなくエンドロールでかかっていた、What's it all about Alfie Austinネタでばっさり切られたシーンが!お、おおおおおお父様!か、かかかかかかかカッコ良い!!!目が完璧にハートになりました!再度ノックアウトされてしまいましたよー!後ろに写ってる映像もちゃっかりアルフィーだったしね!私のもってる「アルフィー」のUS版ビデオでは例の主題歌が入ってないんですよ、なんでそういう意味でもとても嬉しかったりして。でも、メイキング+αでのケインたまが一番カッコ良かったですけどね……ジュード・ロウのリメイク版「アルフィー」でもやっぱりこの曲使われるようですが、オースティン・パワーズでここまで大々的に使われたので、結構その後の使用は微妙、と思うのですが、でもあの曲抜きじゃやっぱりアルフィーではないわけで……難しいですね。

行き着けのツタヤに行ったら突然「ザ・ハンガー」がプレミアム+3巻まで出現しておりました。絶対、今までなかったと思うんだが(それならば私の苦労は一体なんだったのだ、と)、まぁ有り難く未見でした3巻を借りて来ました。いやまぁ、毎回このシリーズってスタンプを上手に使ってくれてるなぁ、よく分かってるなぁ、とため息ものなのですが、今回は……第一話が大変なことに……とうとうコルセット姿まで披露ジジィがコルセット!耳から脳みそ出そうになりました。もうそれ以上説明の使用もありません。プリシラでの女装とはワケが違います。でもたしか、この続きでガチンコ女装もしてたはず。女装なんかもうしない、つってたのになぁ。
| 稲本作蔵 | 映画雑談 | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
だめな大人の見本
マイケル・ケインはなんて男前なんだろう、とため息をつく昼下がり。「10億ドルの頭脳」のUS盤DVDの特典がぁあああ…ずーっとソフト化しろしろ言ってたけど、むこうでもつい最近らしいのね(あれ、イプクレスファイルのほうだっけ?)とにかくキャプチャで見たハリーはハリー・パーマーのくせにすげーぇかっこいくて、そりゃもう思わず発汗してしまうくらいかっこいくて、ハリーなのに。でもメガネじゃない&前髪乱れてるって、ハリー的にはポイント高いっすよ。てか本編にあるシーンだったらどうしよう…まぁとにかく再度鑑賞したいです。おサイケスパイムービー。本当に正直に男前だと思える数少ない人でございます。(スタンプは割とキモ可愛い、ヒースはえぐ可愛い)

そしてテレンス・スタンプはなんてニャンコで可愛いんだろう、とハァハァする夜。つっか「The Mind of Mr. Soames」!画像検索でロビーカードをごそっと発掘。まぁ、不憫な子!てなカンジのお話(どんなだ)……ぶっちゃけて言うと明らかにスタンプ好きとしては萌えずにおられるか!!というノリの設定、且つ発想が同人女で痛いことこのうえないのですが、まぁシリアスな映画のようです。とにかく薄幸げでよか〜。本当に幸の薄い役が似合うというか、すでに本人が幸薄そう。あー、見たいなぁ。外盤のビデオもDVDも出てないので本当に望みはないのですが……先日はトビーたんで大喜びでしたけど、こうなったらあとは「唇からナイフ」と「ビリー・バッド」ですね。「唇からナイフ」は待てばソフト化しそうな気もうっすらするけどなー。

そげなカンジの毎日で、ここんとこみた映画の感想はまた後程(そればっか)。全くこの2人に関しては際限がないよ!仲良しエピソードがラヴリー過ぎだっつの。

今日は友達のとこで秋の月見&デリピザの会でした……月見?普通に雨だから。楽しかったですー。ひとり頭800円で腹一杯。名前は忘れたんだけどトランプを使ったゲームで大盛り上がり。黒幕と実行犯と警察を決めてやるやつ……すごい面白かった。
| 稲本作蔵 | 映画雑談 | 01:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
うおおおおおおお!!
「世にも怪奇な物語」祝ソフト化!

ぎゃー!めちゃくちゃ嬉しい!!トビ−たん!トビ−たんがDVDで見れるんですよ!?夜中だというのに思わず雄叫びをあげてしまったくらい嬉しい!嬉し過ぎて寝れません!もうBSで録画したビデオの画質を気にすることもなければ、自分の手書きのラベルにうんざりすることもないのですー!!ソフト化は本当に嬉しいです。心から好きな作品です。稲本がスタンプに転ぶきっかけになった作品、というか最初に見たのがこれじゃなかったらハマらなかっただろうというくらい素敵な第三話(第二話もよいが……)。アル中でヤク中で、とてつもなくヘロ子なトビ−・ダミットたんはストライクゾーンど真ん中キャラ、そして演じるテレンス・スタンプのそれは演技かと疑いたくなるよーなギリギリさも最高(まぁ洒落になってないんだけど)。毬つき少女はうなされるくらい怖いが、気合いで乗り切れ!フェリーニな色調と、とことん戯画化されたマネキンのようなショウビズ会の人間の群の描写はさすがの一言。マジで名作です。気になるのはやっぱジャケットだなー、外盤のジャケはトビ−たんで(他のverもあるけど)、すごくダメなオーラが出てて良いんだよなー。つか実は昨日もトビ−たん見てて、『あーこのペースで見てたらテープすぐ伸びちゃうなー』とか思って不安にしてたのです。12月24日発売予定。わたし、23日生まれなので最高の誕生日プレゼントです。ありがとう神様〜!発売延期とかになりませんように!(だから「王になろうとした男」はどうなったんだ)。
| 稲本作蔵 | 映画雑談 | 01:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
ハリ−・パーマ−は世界で一番素敵なスパイ。
今週は何げに忙しかった。と言いつつオープニングテーマを聴くためだけにベルリンの葬送を見たりしてて全然危機感ないのであった。ま、課題も無事提出したし、ゼミの発表も上手くいったし。

「パーマ−の危機脱出(ベルリンの葬送)」のテーマ曲大好きです。ゲルマン調なんだけど危ういアダルトな雰囲気も合わせ持っててなんか非常に色っぽくカッコ良い。これぞスパイ映画のテーマ曲……か?それにしても「パーマ−の危機脱出」は良いですね。3本のなかでは最高傑作。シュトーク大佐のおかげで、ハリ−のキャラに物凄く立体感が出る。映画としてのカタルシス、スケール感もちょうど良くって、ガイ・ハミルトンみたいな人ってこういうのやらせても上手いんだなぁ、と。今は「国際諜報局」の原作「イプクレス・ファイル」を読んでいます。映画の10倍くらい話が複雑でびっくり。最初の1、2ページですでにハリ−のハリ−っぷりが炸裂してるのが可笑しい。飛行機で隣に座ったやつのメガネを偶然を装ってはたき落としてみたりと、ハリ−はやっぱりハリ−で食えないやつなのであった。

ところで「オースティンパワーズ/ゴールドメンバー」でナイジェル父さんが登場すると流れる音楽って、ベルリンの葬送の冒頭、ハリ−がガールフレンドのセクシーな足を眺めてる時に流れる音楽と一緒?う〜ん、確認のためにやっぱりDVDを買うしかない!(笑)あとあの「アルフィー」のテーマソング、オースティン版をきちんと聴きたいので。やっぱ買おう。

「ビリー・バッド」も届きまして、ちょこっと読んだところあまりの描写の濃さに愕然(色んな意味で)。完璧にひと昔前の少女マンガのヒロインだぜビリー(白百合リリーとかけてあるってありえねぇなんだそりゃ)。中身はやっぱりシリアスで難しい話なんだがそれをぶっ飛ばす勢いで乙女なビリー。この役を!とスタンプを見初めたユスティノフって一体………



そんなワケで(?)今週末はサ−・マイケル・ケインたまがオカマの役をやってる映画をまとめて見ようと計画中。稲本は「カリフォルニア・スウィート」のビデオを買うハメになるのか?乞う御期待。ていうか「Get Carter」のビデオは届くのか…?
| 稲本作蔵 | 映画雑談 | 17:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
最近はこんなの見てます。
「デストラップ〜死の罠」
ケインたまがクリストファー・リーブとちゅーしてて目が点になってしまつた。ああああ。この手の映画は滅多にみないのですが、面白かったです。オチはちょっとやり過ぎかと。サ−の演技が面白すぎる。

「電撃フリント〜GOGO作戦」
稲本が世界で一番好きなスパイはハリ−・パーマ−なわけで、007のような派手なスパイは好まないのですが、フリントくらいになるともうなんか別でしょう。強すぎる。なんでも出来る。世界最強のエージェント。これはこれでかなり好きだけど、正直それでいいのか!?と思う(笑

「クイルズ」
母が『ケイト・ウィンスレットが死んだ時のシーンすげーぶさいくだから見ろ』と言っていた例の映画。ケインたまが『拷問治療専門医』でナイス!ナイス!!と思ったけどそんなに仕事してない様子でがっくし。しかも途中で新妻に逃げられたりする。オレだったらほいほい付いてくのになぁ。変態医者。ホアキンが可愛かった。映画としては思ってたより面白かった。

「勝利への脱出」
面白いのかそうでないのかよくわかんなかったのは、スタ公が嫌いだからだと思う。話自体はオレ好みなタイプではあるのですが……ドイツ軍の人たちと、偽造屋が良かった。そしてケインたまの軍服コスはやっぱり最強なのだ。


そんなワケで見てる映画がびっくりするくらい、サ−・マイケル・ケインの出演作ばっかりになってしまっているのでした。ホントに大丈夫なのかオレは………。ちなみに近くのツタヤで見れるスタンプ出演作はもう見倒してしまったのでしばらくお休みです。オードリ−さんの残りニ話は大事に取っとくことにしたし。今週末鑑賞予定は「探偵スルース」「アルフィー」「遥か群集を離れて」あたりかなぁ。というかスタンプは「Blue」と「Billy Bud」以外もう必死こいてまで見たい作品は残ってない……寂しいです。

BGMはすっごい久しぶりにFlesh Volcano。ひゃっほーカッコ良いな!
| 稲本作蔵 | 映画雑談 | 17:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
腐っています
誰も今の私のテンションに付いて来れないらしく、もうほっとかれてます。でもまぁしょうがないかとも思うけど、やっぱりじーちゃんは素敵なのだった(浴衣が)。ただ、誰も戻って来いとは言わないので、向こう側に行きっぱなし!ずっと頭でお湯がわかせるくらい煮えています。もう今日はパソコンの授業そっちのけでサ−とスタンプの同棲話の裏をとるのに必死こいてみましたよ。いやー本日はもの凄い成果があった!2ショの写真見つけちゃった!いやぁああああああ〜。かーわーいーいー。いやぁ、やっぱサーとスタンプって一緒に住んでたんですね。しかも『ゲイだと思ってた』って(笑)。且つ若い時の写真で最強に可愛いのも見つけた!なんか洗濯したあとみたいにふにゃふにゃなの(ストーンド)。う〜ん、2ショといい、浴衣といい(おじょうさん!)、あんまり興奮し過ぎてちょっと我を見失って雄叫びをあげてしまいすみませんでした。皆様へお詫び。以後気を付けます。その上ちゃっかり「ホーンテッド・マンション」のノベライズも買ってしまい、あまつさえラムズリ−萌えなページに付箋をつける始末。誰も止めてくれないんだよ…ホントに………てかハリ−・パーマ−(だと思う)のすぅぅうううんんげぇカッコ良い写真も見つけた。ホントにすぅううううううんんんげぇカッコ良いの(笑)。やっぱりサ−・マイケル・ケインはメガネじゃなくっちゃね。あと昼、学校行く前に郵便受けみたらもう「イギリスから来た男」のDVD届いてた。今日はもう寝ずに鑑賞しましょう。

すげぇ、自分の日記読み返したらびっくりするくらいスタンプの話しかしてなかった。えーと、スタンプ以外では最近は………とくに何もありません(きっぱり)。ああ、なぜか今になってしつこくeverclearを聴いています。everclear、最後ら辺はもう国内盤出なくなっちって可哀想だったですが………「Songs from an american movie Vol.2」も今聴くと結構良かったりする。

ちなみに今日はみんな焼肉喰いに行ってしまった。元々焼肉あんまり好きじゃない上に、体調的に今日は牛脂のにおいだけでやばそうだったからパスしました。寂しい……
| 稲本作蔵 | 映画雑談 | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜
BLOOD FOR MACARONI WESTERNS〜殺しの黙示録〜 (JUGEMレビュー »)
映画主題歌, エンニオ・モリコーネ, フランチェスコ・デ・マージ, ブルーノ・ニコライ
愛聴中。渋いセレクトで泣かせるぜ。
まぼろしの市街戦
まぼろしの市街戦 (JUGEMレビュー »)

大傑作。見てないヤツは今すぐ見れ。

このページの先頭へ